荒沢岳1967m
銀山平より往復
2008/10/18
新潟発5時で奥只見シルバーライン経由、登山口には6時半着

りっぱなトイレはあるが、現在の登山者の多さにくらべ駐車場が狭い。とはいえ10数台は停められる。6:45発

数分で水場。うまい水だ

朝の霧が晴れてすばらしい天気に。最初は急登だ

7:20前山。ここからだらだら登り。登りはいいが下山時には長く感じる

駒ヶ岳の偉容がせまる

前ーと荒沢岳

前ーへだらだら登り

前ーへさらにだらだら登り

いよいよ前ーへ

短時間だがこれからが最大の急勾配と緊張場面だ 8:12

1個目の鎖場

樹林帯の鎖と垂直梯子をいくつか登り8:30核心部一望のピークへ

人が登っているがどこかわかるだろうか。まずわからないだろう(写真クリック)

見上げる

見下ろすとびびる

1時間足らずだがこの山の大きな魅力でもある

核心部をのりこえ頂上への稜線へ

駒ヶ岳がいっそうすばらしい

9:00前ーのピーク

さて頂上までは1時間40分とのことだがちょっと休もう

そしてガンガン行こう

9:50最後の稜線にでる。兎岳方面の眺望がひろがる

登ってきた道

9:58頂上。だらだら登ったし岩登りもあったからね、3時間は切れなかったか。しかし今日も360度大展望

越後三山。八海山は頭だけちょびっとしか写ってないがけっこうしっかり見える

ここより続く兎岳方面への縦走路と中ノ岳

兎の後ろは巻機山

中ノ岳がいちばん近い

登ってきた道

登ってきた尾根と銀山湖

犬と荒沢岳。頂上は狭い。それだけとんがってるのだ

一時間近く休んで紅葉の眺望を満喫したら下山する

前ーからの下山で団体渋滞につかまる

すべりやすい岩が核心部の最後。

今日は知る人ぞ知る清水手前にある無料の登川河川公園でキャンプ。他に客はいない。今夜はジャンボリーだ。・・ジャンボリーっていったい・・
なるほど人気があるだけの山だ。びっくりするほど人が登ってくるが、単に岩場があるとか200名山とかでなく、ともかく眺望もすごくよい。ほぼ完璧な独立峰にちかい先鋭なピークだからだろう。前ーの岩場以外はとても登りやすい道。また岩場もしっかりした足場と浮き石もすくなく、ヘルメットもしていったが落石など人為的でもないとおこらないだろう。下りも登りくらいの時間がかかった。しかし今年の紅葉は最高だ。明日は天狗尾根