飯縄山1917m
2008/11/9
7日に立冬をむかえ一気に冬へ加速。秋から冬へのまさに過渡期のような景色に出くわした山行。瑪瑙(めのう)山にも一度は行ってみたかった

8:20中社駐車場から出発

タモリ倶楽部を見てからというもの狛犬が気になる

8:43林道をしばらくあるいて登山口。ここまで車できてもよかった

9:14小さな祠のある萱ノ宮までゆったりした登り。一汗かく

最後すこし急登で9:50ころ稜線に出るが展望がいまいち、というかほとんどない。本来なら戸隠の岩峰群がすばらしいはずだ

5分休んで10:07南登山口への分岐

10:11飯縄山南峰1909mにつく。ここに飯縄神社がある

かわいい鳥居もある

神社だ

祠の内部。まさに飯縄神社にまちがいない

そして天狗もいる

10:40北峰、ホントの山頂。いきなり気温が下がってきたようだ。展望なし

頂上から北方面への下山ルートをとるがこちらは木々が凍り付いていてまるで雪が積もったかのようにみえる

刺すような冷気に包まれる

たぶん陽が少しでも出ていたらすべて溶けていただろう

下界の紅葉と打って変わり冬の美しさが広がる

しかしそれは尾根の北側斜面のみ

登山道を境に冬と秋がせめぎあっている

頂上をふりかえる。ガスって見えない。左側が北方向

これから登り返す瑪瑙山もくっきりと北側だけ凍り付いている11:05

11:25 100mちょっとの登りで瑪瑙山。いわれはわからないがその山名故、以前からぜひ登ってみたいと思ってたところ。案の定何もなかった。瑪瑙とは8月の誕生石

瑪瑙山は戸隠スキー場の直上

スキー場をくだる。木だけ見ると真冬

なのでこんな不思議な光景

11:47怪無山手前から左手へ下山路をとる。なお怪無とは「けなし」と読む。普通はこういう山を命名する場合は毛無とするところだがきっと上司か誰かに気を遣ったのであろう

途中で二股に分かれるところを左へとると登山口近くで林道にでる12:10
天気が良ければ戸隠や高妻山、北アルプスなどの展望が素晴らしい山。ぜひまたいきたいところ。林道の登り口まで車で入った方がよい。
帰りに蕎麦を食いたいならめちゃ混みの神社付近の蕎麦屋ではなく信濃町の霧下そば「仁の蔵」がおすすめ。この日はざる700円で蕎麦団子2個付き(さらにお通しに漬け物も)。ボリュームの割に安いだけでなく蕎麦がやや太めでしっかりして香りが強くとてもおいしい。蕎麦団子もなんと揚げてあり今まで食べたことのないうまさで空腹を満たす。自家製コーンスープなどもありうまそうだ