鳳凰三山一気縦走、幕営付き北岳ダブル登頂
2008/10/12〜13
第1部
もはや題名がインフレ化して、正三尺玉昇り曲道付き超ウルトラワイドスターマイン的になっちゃってるが、それなりに意味がある。
フェニックス花火のような絢爛豪華な紅葉と大展望に感激の今夏山部集大成的山行
一日目、鳳凰三山(薬師岳、観音岳、地蔵岳)を夜叉神峠から一気に縦走することにした。夏よりも安定してる好天の連休、紅葉の見頃ももうわずか、フルに山へ行きたい。低気圧通過後なので北日本は冬型となるかもしれず寒いだろう。南に行くべきだ。浮かぶのは北岳あたり。しかし登山口の広河原へのアプローチは交通規制で公共交通機関を使っての中途半端な時間になるから、せっかく2日使っても北岳に来ただけになってしまう。そこで目論んだのが歩いて山をこえ広河原へ入ること。帰路の交通の便と、どうせなら鳳凰三山全部やっつけちゃえと展望最高の夜叉神峠からの縦走とした。広河原までコースタイム13時間。延々続く登山道は日帰り軽装でなら楽勝だが、今回最大の問題はテントや寝具と二日分の食糧を背負っての試練。メンバー3名。だがこれに成功すれば今後の山行スタイルも大きく変わるか。ダメなら山中泊、成功して広河原に一泊できたら翌日は北岳だ

地図を広げるとあまりの長大さにイヤになるコース。しかし急登もあまりなくいったん稜線にさえ出ればなんとかなるだろうと・・

単純に直線距離でも16kmを超える。高低差は1500m

4:15夜叉神峠駐車場を出発。他に登山者のいない峠までのひと登り、道は幅広だがまたもや物の怪の騒ぐ異音あり、驚かされる。鈴とヘッドライト必須

5:18 ぎりぎり軽量化しても荷物がいつもより重いせいで、だらだら道をコースタイム以上、小一時間かかり夜叉神峠へ。小屋ではどうやら暖かな朝食のようだ。先を急ごう

5:48 完全に夜が明けた。振り返るときれいに富士山が

そして北岳も。この山の朱色は、朝のほんのひとときだけ見ることができる。もっと先の眺望の良い場所で迎えることができたならばとは望みすぎか・・・

日本に富士あり

6:17 杖立峠2177mで一服。南御室小屋までの中間。この標高でこの背の高い木立がいかにも南アルプス

7:00 山火事跡

ここでは背の高い木々が火事のおかげでスポット的に途絶え、展望がひらける

北岳も

富士山も

7:30 苺平に到着。コースタイム5時間を3時間すこし。このペースでここまで来れれば成功確信だ。後続をちょっと待つ

8:00苺平からけっこう下り南御室小屋着。南アルプスのおいしい水が無料でふんだんに飲めるすばらしいキャンプ場

8:15小屋を出発、ここからが本番。今までよりも急な登りとなり薬師岳の前衛、砂払岳へ。途中でガマ岩8:47

9:00これをすぎるとすぐに森林限界をこえ大展望が一気に広がる。そう一気に、だ。圧倒的に迫り来る白峰三山(右から北岳、間ノ岳、農鳥岳)

すぐに砂払岳の頂上となる。奇岩がごろごろ

紅葉と岩肌と青空と、それぞれが色合いを引き立たせている

それにしてもこうなるともうテンションアップで疲れなど感じていられない

次は薬師岳だ。どんどん行くど

道は薬師小屋へ下る。キャンプできない水場もないところ。どうやら昨夜は満室だったようだ

9:37ほどなく薬師岳2780m

鳳凰三山の稜線はすべて岩と砂地の世界。他にあまり見られない異星のような雰囲気

けっこう広い山頂は360度の大展望

西は仙丈ヶ岳から白峰三山、さらに連なる南アルプスの山々

北岳バットレスどーん!

北は観音岳と奧に仙丈岳と北アルプス全山

東は八ヶ岳のとくに赤岳のトンガリが目を引く。そのむこうは浅間山だろう

そして南は富士山。大絶景に大興奮しっぱなし。もうどこを見て良いのかわからない。まるでエビちゃんと沢尻エリカとガッキーとホリキタとフカキョンとに囲まれてるようだ(何故スガイさん趣味)

展望を楽しみつつのんびりした登りで最高峰観音岳をめざす

ふりかえると薬師岳の岩もオベリスクのようだ

10:08観音岳着。ここまで来ると今度は甲斐駒ヶ岳が出現。他とは一線を画す秀峰にこれまた超感激

甲斐駒のうしろに槍穂高がはっきりと

北岳をさらに正面視する

とりあえず本日の最高峰2840mにて。出発してから6時間。ガイド本のコースタイムでは10時間のところだ

10:30軽く腹ごしらえをして観音岳を下る

次は鳳凰三山ラストの地蔵岳だ。頂上オベリスクが特徴的

観音岳をふりかえる。砂地がさらに増えてきた

11:15赤抜沢の頭2750m

地蔵岳はここから10分下って登頂となる。下っての登頂ではいくら山の頂とはいえ頂けない

なので見なし登頂とさせて頂く(地蔵岳の上に立っているテイの図)。オベリスク2764mのてっぺんに這い上がろうとしてる人々がたくさんいたが、ほとんどが諦めていた。登頂困難

あと登りは高嶺だけだ

甲斐駒がぐーんと近づく

12:00軽い登りで高嶺2779m

あとは下るのみ。白鳳峠への稜線。その先に連なる早川尾根と甲斐駒

左手は北岳、明日登るルート大樺沢の全貌。広河原ももう真下に見える。
休んでるおじさんグループに聞かれて今朝夜叉神峠駐車場から来たと女子らが言ったら、速いねえ、すごいねえと何度も驚かれていた

12:56白鳳峠からの下り。河原のような岩の道を最初はくだる

樹林帯にはいるとかなりの急降下になりけっこうしんどい。登ってくる人もいるがこの時間でどこに行くのやら。峠からは2時間半のコースタイムを明日のことも考えケガに注意しゆっくりと下ったが、それでも1時間15分で14:12林道に出る

14:22広河原山荘へ無事到着。夜叉神峠から10時間か。山荘への吊り橋から北岳を仰ぎ見る

シェルター設営のちビールで乾杯。コースも余計な登り下りがなく、とにかく道が良く越後の山のような気を遣うところがなかったから楽チンで紅葉も展望にも大満足の一日だった。唯一山荘の生ビールシーズンが終っていたのが残念
試練五番勝負(?)の第5弾、成因は天候と軽量化。夏山は日が長くてよいと思われがちだが実際は昼からは雷雨の心配があり、特にアルプスでは半日しか行動できない。その点今の季節、晴れると決まれば絶対晴れてくれる。
 荷物は後日計測にて水食料なしのドライウエイトが8.7kgだった。これに飲み水500ccと食料2日分を40リットルのザックに詰め夜叉神峠を登った。最初は重く感じたがやがて慣れてきて、最後まで肩への負担もさほどなかった。テントはインナーや床なしの屋根のみで1.3kg。軽さと引き替えに難点は結露がひどいことと、下から外気がどうしても入り冷える。それに対応するため導入した新兵器はシュラフの中に入れるウオームアップシーツ(モンベル製250g)。シュラフカバーと比較したわけではないが実に暖かく、このコンパクトさと軽さと安さなら絶対に買い。ディナーは新米2合を炊き、乾燥野菜と大豆のカレーにタマネギペーストでコクを加え、肉はなし。春雨とハムとチーズのサラダ添え。コッヘルがチタン製だったせいか、せっかく実家から持ってきた魚沼産コシヒカリがガシガシ焦げてしまい食えなくなりそうなところを、急遽コゲを生かすカレージャンバラヤに変更したのは我ながら本日一番の機転と自炊自賛。満腹にて7時前に就寝。さあ明日は北岳だ。
  
ダブル登頂の意味とは?以下北岳編へ