谷川岳・田尻沢コース〜天神尾根
2017/12/3 (ワシ、ハッシー)

谷川岳のイメージとは、魔の山?いやいや人の山だ。絶好の山スキー日和にファーストトラック狙い

6:12駐車場手前の田尻沢コースへ。山頂へのコースタイムは西黒尾根とほぼ同じだが、この積雪量で板担いでスキーブーツで登るにはスキー場下山コースしかない。そうでなくてもひとけの少ないコースは興味深い


昨日も晴れて乾いた道は氷結もなく、ちょうどよい砂利が滑り止めにもなって登りやすい


6:39田尻尾根分岐。雪がついていたら偵察がてらこっちという選択もあったがやはりスキー場林道の方がはるかに歩きやすそうだ


ジグザグになると急登に。また雪もけっこう増えるがクラストしており前日の下山トレースもあってツボ足のまま行った方が楽で速い


7:06しかし登山口からは600m弱登る。天気よくて最高だが、スキーの重みとコースの単調さに疲れはじめるころ、ようやくスキー場に近づいた感あり


目指すピークにも朝日が射す


素晴らしい


思ったより急登だったが井戸の壁に比べなんと楽なこと。7:36天神平スキー場1300mへと自力で到達


若干の休憩後、夏道通りしっかりとついたトレースを進む


8:02田尻尾根分岐


とりあえず先には誰もまだ見えないが、駐車場では数パーティが出発していたから彼らは西黒尾根から行ったのだろう




藪のない天国的高速道路のようなトレース。なお登り下り少しだがガッツリとあり、とくに階段が露出してるのでスキーは向かない


8:29熊穴沢避難小屋1460m。ここで外人チームに出くわす。田尻尾根にはトレースなし、まさかヒツゴー沢から登ってきたのか。しかしワシらのようにガツガツ登る感なく脳天気にノンビリとしているんだが・・(←ここで泊まったらしい)


道を譲ってもらい先頭に。鎖場も積雪が中途半端だとたち悪いが、今日は最適。アイゼンでガシガシと。ワシはカンプのレースを持ってきてしまったが、やはり使い物にならず脱ぎ捨てる(捨ててませんが以後お払い箱)



約3箇所の大きな鎖場急登を過ぎ、スキーへ履き替える。ツボ足よりやはりいい9:02


9:06天狗の留まり場1650m


あとは何も考えることなく足を出して行くのみ。うっすらパウダーも心地よい


素晴らしく良い天気しかも無風。汗がでる


オジカ沢の頭


9:25いよいよザンゲ岩通過


西黒尾根からもチラホラ。やはりほぼ同じくらいのコースタイムなのだろう。ところどころクラストしているがうっすらパウダーあり。この天気なら下山時にはもっと緩むだろう


9:36肩の小屋。昨夜は4〜5人泊まっていたようで下山者と出くわす。スキーヤーなどはいなかった


万太郎への稜線


重荷で疲れ遅れ気味のハッシー


登頂まで少しだがちょっと待とう


追いつく。マチガ沢行けますね。素晴らしい斜面だね


9:44トマの耳1963m登頂。下から登ってきても3時間半は巻機より全然楽ちん


魚沼の山々


オキの耳、一ノ倉、茂倉


万太郎、苗場、浅間山。富士山もよく見え晴れている。さすがに山頂は風があり冷たい。登山者も数名のみで皆静かに展望を楽しんでいる


10:03滑降開始



天狗まで約300m、まともなスキーができるぞ


まだまだロープウエイ客は見えない。ほぼまっさら。ターン数の少ないボード跡のみ(一昨日のレジェンドの仕業だな)。待望の本日ファーストトラックいただき!



さっきの外人チームから歓声が上がる







パウダーは浅いが斜度がちょうどよく、いつ来ても楽しいね、ここは



藪っぽいが、地雷なくストレスフリー


あっという間だけどこの時期十分スキーを楽しんだ


ちょうどロープウエイ客も列をなして登ってきた時間。もう一本いくかね?いや今日は結構です。行列をみてたら滑り家はボーダー1名のみ。そんなに力んでファーストトラック争いするまでもなかったな_| ̄|○ 
10:28ツボ足で下山開始


下山も速やか。ともかく藪も泥も岩もないレッドカーペットの道。11:17スキー場。こんな日にオープンできなくて残念でしたね


スキー場から下山。途中までスキーで


12:03登山口。とても素晴らしい山日和でした(12月3日日曜日)
今週は魚沼方面にはさっぱり降雪なし。先週よりも積雪は減っただろう。仕事で遠出もできないしケータイ繋がらないと困る。ちょうど谷川岳が絶好の晴れ予報。だが登りの行列はうんざりだし、ボーダーが集中してゲレンデのパウダーを一掃されたら台無し。ならばそれより早く登るしかない。ということで下からの完全登頂。静かな初冬谷川を満喫できプチパウダーで滑りも良かった。これが西黒尾根だったら混雑だったかも