鳥海山・滝ノ小屋
2017/12/24 (ワシ、ハッシー)

高い山ではどうかわからないが、近場では雨や晴れがつづき新雪なし。ちょうど東北にも好天が望めそう。厳冬期には一度も行ったことないので、この機会に偵察しておこう

昨日の午後からは晴れたが風がとにかく強かった。山登りにはちょっと厳しかっただろう。依然気温が高く、夜中からの小雨が残る大台野除雪終点490mより出発6:10


単調な車道歩きは長く感じむしろラッセルとかあった方が退屈しなくてよいと思うくらい。6:55ようやく道路九十九折りにさしかかる


先行者は誰かわかっている。まったく無駄なく最短ルートで目的地へと向かっていってる。それ以外にも本日スキーヤーが3名入っているようだ


7:50先行者は山雪荘の主ゴトさん。起きがけのところを挨拶して通過850m


クラシックルートの宮様コースはこの時期、というかいつもだが、藪や急な登りなど多くて楽しくない。先行スキーヤーのように荒木川左岸の車道をショートカットしていく


ラッセルは全然ないが、薄いパウダーとなってきた。風もなく蒸し暑い。しかし外気は冷たい。1050m8:37


まもなく樹木がまったくなくなり一面真っ白の世界


高いところへと登っていくと急な片斜面。どうやら車道最上部、駐車場の法面か9:02


9:04駐車場のやや上部1220mにて休憩。何にも見えない。しかしここで帰っては何の偵察にもならない。これ以上悪くなるのは夕方からだろうから滝ノ小屋までGPS使って行こうと


風はさほど強くないが、樹林帯と違ってどんどん体温が奪われるのか同じ装備だとあっという間に手先が痛くなる。まったくの視界不良。5m先も見えない。雪崩はまずないだろうからいいもののやはり視界ないのは怖いね


1300mあたりへと登ってしまい、いつの間にか下にあったらしい小屋を通り過ぎていた。後から見ればさほど危険箇所はなくほぼ平坦なのだが、滑落せぬよう慎重に高度を落として小屋を発見9:49


おなじみの滝ノ小屋1280m9:50 一休みするかと。。ドアが開かない


上部のドアノブ部分が壊れ、きちんとドアが閉じられていないため雪が内部に入り込んで凍結し内側へと開かないのだ


2階のドアは非常口。鍵が閉まっている


そのままにしてさっさと滑ろうかとも思ったが、いつもお世話になっているからちゃんと使えるようにしておこうと除雪作業開始。ドアはうまいことこういう状況でも開くことができる構造だった。雪をかき氷を砕いてしっかりと閉まるようにする
腰痛くなるわ


一仕事おえてみると、そのご褒美かガスもすこし晴れてきた。しかしシベリア的非強制労働を頑張ったせいで身体はあたたまりなんだかやりきった感があり、もはや登る気なくなった


10:56発。でももう少し上から滑ろう


それにしても藪がなく雪が軽いと登りやすいね。ここまでは急登もなく疲れることなかった


だんだんとまた視界がきかなくなってきたかな


駐車場のトイレがみえる。ここは大斜面になるんだなあ


軽く吹き溜まりになった荒木川を登ってきた。この川は滝ノ小屋レベルだとしっかりした沢だったが上部はわずかな凹地である。1360mにてハイクアップ中止11:10


大斜面滑降開始


これほどまともな滑降は今期初か?


素晴らしいですね


緩斜面だがプチパウダーが硬いバーンに乗っかって非常によく滑る


楽しいだけ。まるでスキー場




車道上部駐車場付近


駐車場下大斜面






言うことなし。今度から新潟で雪が少ない時は藪滑りなんてばかりせず、ここに来よう


藪滑降ではないホントのツリーラン




11:56大丈夫か?ゴトさん


さすがに下は湿雪で滑らず


最後の車道がもっとも疲れた。12:34着(12月24日日曜日)
予報通り高曇りの比較的穏やかな日。もしここが地元の行き慣れた山だったらあるいは登頂していただろう。しかしこの偉大な山については、これ以上ないような絶好のパウダースキー日和を待ちつつ何度も通い詰めじっくり攻略していくというのもそれはそれで楽しい気がする