金城山1369m

2018/01/14(ワシ、ハッシー、どくたーQ)
観音山コース
 
200m8:02
晴れるのは昼からなのでやや遅めのスタート。観音山登山口。本当は雲洞から入りたかったが藪が目立つ


510m9:06
昨日のトレースがうっすら(「魚沼の山」参照)。今週の新雪は昨夜だけらしく下はガリガリ。びっくりするくらい積雪が少ない。
緩い登りが続くがともかくシールがほとんど効かない。表面のパウダーが下とまったく結合していないのだ


560m9:15
晴れたり雪がちらついたり。気温はひどく低い。展望がよくなる


600m9:30
しかし登りになると藪。ここは痩せており下りの滑降には苦労するところ


620m9:34
登れば展望良くなるがまた緩く下り


700m9:47
さらにひどい藪急登。ともかくだらだらと登り下りが長い。下山時には最大ネック


720m10:05
登り切れば五合目。先はまた小さく下り。巻くまでもない地形。ここまで雲洞から直登できていれば下山もだいぶ楽だろうが


830m10:18
雲洞方面の崩落斜面


同6合目付近
風当たりが強く寒くなってきた


910m10:37
その先から右手へ段差をこえると、少しの間気持ちよいブナ林。ここは雪も普通にパウダー。雲洞コースとの合流点7合目


1000m11:02
だがそんなヒーリングの時間はわずか。いよいよ始まる激急登。雪が少ないからよけい急のようだ。シールが効かず閉口


1020m11:07
稜線もほとんどは狭く切り返しも頻回


坂戸山方面


クトー頼みで登っていき


1070m11:18
いったんピークに立つ。五十沢ルートとの合流点


ここから先が最難所。まだ鎖も出ている。こんなのは初めて見た


この雪で登れるかなぁ?


1080m11:23
ともかく行ってみよう。いつものように夏道に沿ってトラバース。しかし藪が多くいつものように先には進めないので


すぐに切り返して稜線へ。藪が出てるのが幸いし手がかりが多くいつものぬり壁状態より登りやすい(登りやすいという程でもないが)


1090m11:39
細い稜線にあがる。新雪も深くないからアイゼンの方がたぶん楽だ。シールが剥がれたハッシーは担いでる


1100m11:41
ともかく難所をこれで突破した。雪が少ないせいか雪庇もたいしてない


1120m11:53
はじめての休憩


しかもタイミングよく本格的に晴れてきた。小屋か金庫岩のような男岩が稜線にはっきり


1150m12:08
1150mピークを越えるといったん下ってちょっとした登りあり


1180m12:15
そして9合目




1230m12:27
9合目からは山頂直下をトラバース。青空と最高にマッチする癒やしの空間。ここだけで厳冬期金城山の価値はあると思える


最後の急登で


いよいよ


1360m12:51
夏の頂上とされている岩峰群


避難小屋。小屋が見えたのも初めて


1369m12:54
金城山頂上着


やりましたついに。今年は一番大変でした


五十沢側の素晴らしいバーン


巻機山は晴れきらず


八海山も


登頂の達成感と素晴らしい展望を満喫しいよいよ滑降へ。13:15山頂発






山頂直下。底付きパウダーだがもちろん楽しい。新雪は思ったより深く緩斜面ではラッセル


いったん谷へ入り込むがちゃんと埋まっておらずスムースでない


13:35
なので沢のなか1150mから稜線へ20mほど登り返し


9合目下、ちょうどうまいところに上がることができた


1150m13:52
8合目1150mから滝入沢源頭へダイブ。底付きパウダー




しかし吹き溜まりには十分な新雪がある。急斜面をカットすればそっくり雪崩れてしまうがボリュームも重さもないので怖いことはない


沢は埋まっているが単品デブリというかブロックなどあり基本ガタガリ。なるべく吹き溜まりを狙っていく


激パウな山には勝てないが、そこそこ楽しい


登りの難所をすべてショートカットし下に見える稜線に登り返すのだ。まだまだ滑れる


正面に八海山が見えてくる。850mにて滑降終了


14:07登り返しへ。100mほどなのだが


しかしここもシールが効かず足場が作れない悪雪の超激急登


930m14:39
滑ってきた斜面とシュプールが(画像クリック)


激急登もあとわずか。頑張る


960m14:47
雪庇の合間から稜線へ


そこから少しだけ登ってトラバースにてひとつ谷をこえる。谷は950m以上で巻くこと。それより下は急峻


920m15:11
登路のブナ林へと滑り込んで戻る


あとは帰るだけ、というほど甘くないのがこのコース。細かな登り返し


激藪滑降


いつしか夕暮れっぽく15:48


難所ヤセ尾根藪下降15:53


神経使うね


下れば下るほど藪は濃くなる


なのでエスケープルート。最初は激藪16:17


こんな感じで降りてきたが


抜けたら超オープンバーン




オープンバーンで快適に滑って終わると苦労はすべて忘れてなんだがとても満足なのだ


ちょっと歩いて車へ16:40着。今日も大冒険楽しかった(1月14日日曜日)
 
弥彦山で雪崩事故*がおきるほどの大寒波。想定外のドカ雪後は山には入らない主義。だが裏山パウダー遊びでは勿体ない晴れ予報。なのでさほど降らなかったこの地域へと行ってみたのだが、なんとも予想をはるかに下回る積雪量。新潟市内よりも少ない。いつもよりひどい藪と最悪の積雪状態に今までの中で一番登りも下りも苦労した。しかしそれだけにマンネリ化スキー場的パウダー滑降より雪山遊びの楽しさで満足できた一日だった。人には勧められないけど
(*その後の検証では雪の重みによる倒木事故とのこと)