高倉山1144m

2018/01/28(ワシ、ハッシー、どくたーQ)
遠出出来ない日。天気よくなるが今日はどこもラッセルがきついだろう

9:30小川集落270m発


そこそこのラッセル。すでに陽があたっていてパウダーよりもやや重めか


ひとりじゃちょっと登る気しないラッセル度合いだね。急登はとくに


10:35急登のあと稜線登りに590m


バックは金城山


この稜線意外と急で段差ありなかなか手強い


三国ダム


段差に亀裂も隠れているから要注意


11:27なんとかクトーなしでもやりすごし870m展望台へ。八海山と阿寺山がでてくる



ここまで登れば山頂へは楽々


普通にシール登高


ラクダのコブ稜線が見えてくると急登に





ラクダによじ登る12:24


コブの上に


雪庇もなく急斜面トラバースも全然雪崩れない



最後登り切れば


12:29高倉山登頂。今年もまた来ました


とにかく大展望の山。山頂は狭く絶頂感半端でない。八海山


阿寺山


ネコブ山はひときわ大きく


巻機山


12:40山頂発





山スキーの醍醐味、ここを行けば一気に下までだ12:43



レッツゴー





南面で陽もあたるところだが、気温が低いから思ったとおり素晴らしいパウダー




久々まったく底付きなし。でも昨日もそうだったか


斜度もちょうどよく一気に滑れる




一旦ノドになるが、藪もなく雪崩れる感じもない素晴らしいシュート










下部は斜度も緩み広いゲレンデに。雪が腐ってると走らず筋トレなのだが




下もまだまだパウダー。こんなに雪がいいのは初めて




12:59登山口駐車場


13:03到着。苦労して登った甲斐があったというもの(1月28日日曜日)

単なる里山だが、雪が良いときの滑りは馬鹿にしてはいけない。ただし登りもそこそこ苦労で馬鹿には出来ない。
誰も知らないこんなところでも手軽に安全に新雪を遊べる。これこそ里山スキーの醍醐味