鋸山765m

2018/02/22(ワシ、ハッシー)
長岡側中央ルンゼ滑降

デブリも亀裂もなくまっさらに谷が埋まっている。これは数年来?の大チャンス


気温が上がらない日の予報だったが陽射しはまるで真夏。突き刺す暑さ。ちょっと雪質が心配。栖吉集落標高110m11:30発


夏登山口まで林道歩き3km弱。何故か途中まで除雪。朝までふわふわと新雪あり。これだけ暑いと雪崩も心配だが


11:49風谷山登山口をすぎるといつもの全層雪崩地点。たいしたことない


恐怖よりむしろ春を感じる光景だ


それでもあちこち注意を払いながら進んでいく。けっこうつらい林道歩きは意外と勾配があり標高を100m上げる


12:16やっと登山口駐車場208mへ


夏道はとらず、すぐに杉林急登で尾根にとりつく。朝の積雪でグサグサとシールもよく効く


杉林を抜けるとちょっと気持ちよく開けた緩斜面。そしてまた杉林急登をすぎ


12:51ここは田んぼでもあるのかという感じにかなり開けてくる420m


右手に鋸山がみえてくる。いつもは亀裂とデブリまくりのこちらの絶壁バーンもほとんど雪がついている




13:08広い538mピーク直下


それをこえたらいったん下る




そして500mから直登。どこ登るんですか?登れるんですかとハッシー。正面の深い谷、中央ルンゼの右稜線を行くのだ


さっそくクトーを装着して13:29




とりつきがもっとも急登。しかし今日は雪の状態もよく足場も作れてしっかり登れる。ともかく亀裂がないのがよい




登ってる右手も素晴らしいバーンが。この標高でパウダーだ。長岡パウダー、Nパウってやつだな


・・・。無視して登りに専念。きついです。パウダーで結合悪くなりシールが効かない13:50


いやいやホント素晴らしくなったよ。これがホントの中央ルンゼだ。今まで見たことない鋸山の光景




はあ。ホントの、かどうかは知りませんけど。でも凄いです。何千メートルの世界でしょうか14:01


14:12やっとやっとの急登が終わるとヤセ尾根。でも雪がたっぷりで全然痩せてない。メタボか




14:18山頂も近づく


ついに


14:21鋸山765mに登頂。守門はガスってるようだ


越後三山はよく晴れてる。やはり予報通り気温は低いらしく、天気良くても春という感じはまだしない


なのでパウダー残存のお待ちかねバーンへと14:32


いざ


一気に飛び込む


むひょー


止まれません


やっぱ雪がちゃんとあると全然急じゃなくなるね。スラフは多少流れるが想定内


単に変態エクストリームでなくてホント素晴らしいバーンなんだねえ実は


まったく亀裂はないが、いつも切れるところで一箇所小さな穴が開き始めていた。ストレスなく滑れるのは今日でラストかも


その下はいったん狭くなり滝のようになるはずだが完全埋まりきっていて楽勝




さっとすり抜け


あっという間に登路。わずか250mほどの滑降だったが今季最上の一本と言っていいでしょ。苦労して登った甲斐あった




うーん、もう一本行きたいねえ。でもトレースあっても登りの苦労は全然変わらないね、ここは


何度も振り返りシュプールを見上げる


厳しいけどやはり楽しい山。538mまで登り返したら一気に滑り降りられる


さようなら。またいつ滑ることができるか


名残惜しい。厳冬期も終わったか


陽当たりはストップスノー、杉林はパウダーで


15:18登山口


陽当たり悪い林道はほぼジェットコースター。最後300mだけ歩いて終了15:38車着(2月22日木曜日)


完全滑降達成。長岡に住む人間にとっては里山以上の里山である