丹後山1809m利根川水源滑降

2018/05/05(ワシ、ハッシー)

昨日の寒波ゲリラ的荒天がようやく落ち着いた。7:23三国ダム管理棟450m発ダム湖右岸3.4kmを行く。通行止めだが残雪一切なし


7:41冬でも泊まれる。450m


7:51バイクデポし十字峡発


2.5kmの林道歩きはこの時期けっこう厳しい。スパイク長靴とストックでクリア


8:50重荷での登り開始530m


9:10隣の中ノ岳と同様ここも一合目までかなりの急登あり


ネコブか


10:16 1040m


10:46それにしてもまったく雪がない1210m


11:06ようやく重荷から解放1300m




しばらくこのまま行けるかと


11:44ものの40分ほどで雪消え 1540m


11:56稜線までまったく雪なさそう。がっかり 1600m


再び重荷になって


12:24 1670m


しかしようやくと近づいてきた


12:43上越国境に立つ1780m


12:49丹後山避難小屋着。ほぼ全行程で荷物を担ぎ上げたのでものすごく疲れた


13:35しかしせっかくのそしてようやくの好天大型連休、じっとしてたら罪だ。一本行こう。東面は谷底までふんだんに雪が残る


越後三山。反対側からはなかなか見られない。かなり風が強い


東側斜面はどこからでも滑降可能。上越国境の先に平ヶ岳がどっしりと


どこから行こうかと


やはりこの先利根川水源からの一定斜度の美しいバーンは滑っておくべきだな


ちょっと下って少し登る


14:06利根川水源の碑1834m この先だらだらと大水上山、さらに大きなピーク兎岳


時間的にもここかな。谷底まで亀裂もない


14:15深沢へと落ちる広大なバーンへ


ドロップ



















バーンは最高だが昨日の新雪のせいで滑りは今ひとつ。でもザラメを選べば快適


正面平ヶ岳


14:30 1300mで斜度も緩くなり滑降終了


14:39深沢登りかえし500m


最初はヨイヨイだが


当然稜線近くは激急登。しかも強風で恐怖




15:37しかし新雪のせいでシールクトーも良く効いてくれてなんとか這い上がった


ああ、なんともいい雰囲気。ここまで上がると山奥だ。遠くに荒沢岳。まさにスキーパラダイス


小屋にはツボ足2名のパーティあり。明日中ノ岳へ縦走とのこと(5月5日土曜日)



5/6中ノ岳へ