火打山2462m

2018/05/20(ワシ、ハッシー)


当初は別を予定していたが山には新雪で朝まで雨。良いことなさそうなので急遽笹ヶ峰へ。スキーヤーまったくおらず閑散。7:17発1310m


こうなれば今日はのんびりを決める。8:00黒沢。のんびりを決めたが荷物は重く、板を履くまではつらいな


8:25


十二曲りは一部残雪。山スキーヤーは絶滅してもまだハイカーの世界ではない。8:40登り切って1790m


というのはこの先雪原でこんな日に迷ってしまったという人?パーティ?に出くわしたのだった。富士見平2040mでようやく板を履く9:14



いつも6月で板を履くところと同じだった。やはり雪解けが早いのか。9:38黒沢岳手前2100mにでると


待ってましたのおなじみトリオ。焼山は全然雪あるし、噴火してない。滑り放題じゃね?


氷の華が美しい


黒沢岳トラバースはすぐに雪断裂してるのでいったん高谷池ヒュッテ下へと滑り込む


ガッチガチ。好天の5月にない雪質。昨日は相当冷えてくれたのだな。やはり高山に行かなくてよかったかも(ここも低くはないけど)


金山、天狗原山のバーンが素晴らしい


少し登り返し高谷池10:24



あとは火打に向かってのんびり春山散策


雪があるしトラバースで行けそうか



10:53天狗の庭から突入


枝を払うくらいの藪を2〜3回またいで


11:22雪面を直登し2300m鞍部をめざし


最後の山頂へのひと登り


登りはたいしたことないが


山頂近くは猛烈な風になってきた


11:58登頂。誰もおらず



北面台地。焼山に近づける許可あれば十分滑れそう


妙高は真っ黒。三田原山はまだまだ滑れるラインあり


新雪、北アルプス


一渡り展望したら強風だし長居不要、今日はほぼ山頂から滑降だ12:13


メインは澄川源頭部。最後まで綺麗に雪面が維持される、火打では一番と思うバーンだがその上今日は新雪でまっさら


寒気と強風で最初の急斜面はガリガリ君で手強いところだったが、新雪のおかげで快適。よい仕事をしてくれた



この時期の新雪なんて登りで滑り止めになるくらいしかメリットないと思ったが、降雪直後で冷えたままならば滑りも素晴らしい


せっかくの雪、今日はシャリシャリでガンガンと長めに滑ります






約300m落ち、岩のデブリが目立ってきたところで滑降終了



登りかえし。だが稜線までなので150mほどだ。時折強風あり。新雪シュプールはきれい



かなりの急勾配になったところで左に尾根を乗り越える


13:05そこにはさっきよりも斜度は緩いが広大なバーンが


もう一本いきましょう



しかしここはすでに陽当たりよく、新雪はちょっと重い。さっきのバーンを味わってなかったら良しとしてたかも


そうなるとやはりストップスノーに。山頂からのシュプールが映える


登り返す


13:44登山道へ戻る


雪消え


14:03鬼ヶ城。氷の華がしだれ桜のように


14:25天狗の庭。いつも6月とか汚い時期ばかり来て申し訳なかった。綺麗なときを見てほしかっただろうにね。今日はありがとう


15:20黒沢岳トラバースのあと休んで残雪を惜しみながらの展望。まだまだスキーシーズンじゃない。いつかあのバーン行ってみたい


左鹿島槍から先週の五竜岳など後立山、奥には立山剱も。空気が非常に澄んでおり槍ヶ岳、穂高、笠まで見えた


あとは下るだけ


とはいえこの苦労がまた1時間半もあるのだから、やはり世間では賞味期限切れなのだろうな。途中で板を洗い17:41笹ヶ峰(5月20日日曜日)



満足いく滑りと展望だったからこのエリアは今日でお終い。しかしまだまだ5月半ば。次は?