赤石岳3121m〜聖岳3013m〜悪沢岳3141m周回

2018/08/11-13(ワシ、ハッシー)

8/11大きな天候の崩れはなさそうでも東北以外は雷雨があちこちありそう。行き先に迷うがそれでもマシそうで涼しく行きたいと湯折から入山。
だがあらかじめ書いておくが少しでも天候の崩れる可能性があるならば、ここからは入るべきではない。とくに単独では。7:14ゲート発


曇り。しかし明るくなってきている。いくらかは晴れるだろう


登り林道30分ほどでようやく7:42七釜橋が見えてきた


7:50河原歩きをしばらく


7:59最初の徒渉点。先制パンチ的に膝くらいまでいきなり。晴天続きでも渇水とかないようだ


8:10最初から4回目くらいまでの徒渉は難なく


8:18この日一番深くて腰下くらいの徒渉2回ほど。高山ノ滝直前だが、右岸を突っ切ればこの2回は回避できる


8:33そしてギリギリへつって行けないナメの下流で浅いけれど急流徒渉。これを過ぎると


8:38高山ノ滝


8:42その後も数カ所しっかり徒渉


乾いた中州の道をたんたんと進み




9:36ここから広河原小屋へ




沢で靴を履き替え、9:58右手の樹林帯に入り込み踏み跡を進む


余計な荷物をデポしたら10:08広河原小屋発


1450mから稜線2720mまで一気登り


単調な激急登。やはり暑いし激しく疲れる。しかし登山者や下山者数名と出会った。下山者は単独女性。お盆はヒトいるのね


12:47もうすぐ稜線。すっかりガスってしまった。涼しくてよいけど






12:53大聖寺平通過し赤石岳へ。相当足に来ているのでつらい急登。でも休んでいられない


荒川岳方面を振り返る。山はガスだが、このスロープはいつ来てみても感激するなあ




急登を過ぎると稜線歩きで13:30小赤石岳を望む。全然小さくなく風格あり




13:42小赤石岳を越えてみると赤石岳。遠くに見えてガッカリ度はかなり高めの山だが、実際はさほど急登でない。なので間がある


比較的楽に14:02赤石岳登頂


相当疲れていたが急いでいたのには理由がある。百間洞小屋名物とんかつに間に合うかなのだ。小屋前の標識に4時までと案内あり


なんだ4時か、楽勝じゃね、3時かと思ってたよ。14時じゃないか何度も見直す。雨にならないうち急ごう。赤石からはザレの急降下


下るときれいなトラバース道14:27


まさに馬の背という稜線をダラダラと下り気味に行く


14:43稜線は広くなり


14:48百間平2760m。なかなかいい雰囲気。ノンビリ来てみたいね




そしてその後300m弱の急降下


15:15百間洞小屋着。雨にあたらず。揚げたてとんかつに蕎麦にカレーと超豪華夕食。こんな奥まったところなのに人気なわけで超満員(8月11日土曜日)
8月12日聖岳