飯士山1111m

2018/10/28(ワシ、ハッシー)

冬型と寒気のせいで北陸は悪天予報も南魚沼は朝から快晴。紅葉も映えて楽しめる岩山へ。8:03五十嵐登山口発。おニュー看板が設置


刈り払いされて杉林の歩きやすい道を軽く登り沢を横切ると8:13尾根コースとの分岐


負欠岩コースは沢の中を急な直登。しかも上級者向けなのか、あまり足場はよくない


8:38稜線に出ると展望あり


急登は続く。眼前にそびえ立つ負欠岩はこの山のシンボル


眼下にはスラブと紅葉が素晴らしい


負欠岩の根元をよじっていく


昨日の雨でちょっと濡れていたがそんなには滑らない。しかしロープがないと怖いかもね





負欠岩をすぎてからもスラブの登りはまだ続く








けっこう急です




9:09ようやく岩場を過ぎて


ピークが近づいた


9:15尾根コースとの分岐となる


西ノ峰着


上越国境展望。三角は万太郎山


山頂まで吊り尾根的な稜線歩き


滑落危険とあるが全然広い稜線


こんなことも余裕です


9:27


9:29山頂着。休んでると湯沢から1名、舞子スキー場から2名登山者がやってきた。負欠岩コースは物好きしか近寄らないようだ


思いがけず暑いくらいの快晴。9:56尾根コースを下山。猛烈な下りだが新しいロープが完璧に近く設置され、ずいぶんと下りやすくなった


道も整備されたのかな。以前はけっこう苦労した道


登りは逆光だったが、こっちコースからだと実に鮮やか。しばし足を止めては撮影


負欠岩


いいねー


目の覚めるような紅葉。もう最終盤かな


10:48急下降をおえトラバース気味に戻っていく


10:50まもなく登路と合流、最後は走って終点へ