裏巻機渓谷〜割引岳1931m

2018/11/4(ワシ、ハッシー)

五十沢キャンプ場駐車場から先は17時から8時まで施錠、ここに停めると1日1000円。なのでわずか手前永松発電所登山口290mに駐車。6:33発


1500mくらいから上は完全雪道。情報では川のようになるだろうと。言われなくても今日は長靴を担いでワシは登る。車道を延々と


30分ほどで駐車場があり、登山道下道とある。通行止めとなってる道路をさらに登るとこれがその原因か


7:31ようやく裏巻機渓谷の登山口625m。以前発電所送水管脇の道からここまで登った記録は30分だった。タイムロス


みやて小屋と八海山


ハッシーが全然来ないのでしばらく待つ。想定外にタイムロスし7:47発


最初から長靴のハッシー。全然スピードでない。山頂までのコースタイムはここから8時間強。ラッセルがあればヘッデン下山だなあ


おそるべき真っ盛りの紅葉。天気はしばらく崩れないから楽しんで行こう


それにしても地元なのにここはいいところだ


これで遊歩道だからね


8:29登山開始から2時間かかりようやく割引岳登山口。なお下道は割石沢とツボイケ沢中間部に登って来るようであるが不明確


超がつく急登の始まり


木の根で滑りやすいトラバース


ロープ頼みの坂道


昔暑い時期に良く登ったよなあと感心する。この時期でもけっこう長く感じるつらい登りで、9:12やっと目標がみえてきた


しかしなおも登りは果てしなく


緩急取り混ぜトラバース気味にいく。長いアプローチだねえ


ようやく下りに転じてロープ伝いに大窪沢856mへ10:00


しかしこの大窪沢に降りると本当にホッとする。このコースで一番好きなオアシスだ


10:08いよいよここからが激がつく急登連続


ひたすら試練に耐えるのみ。本当に昔暑いときに良く登ったなあと感心10:54


11:17雪が目立ちはじめた1300m


稜線をいくようになると展望がきき幾分気持ちは楽に


この先ほとんど雪道だな。中途半端な積雪は滑りやすく体力ロス


11:30稜線だが一定さがなく、間歇的に急登が出現。これがけっこう堪える


急登もこれが最後か、とヤセ尾根を踏ん張って登ると


11:49ちょっとしたピーク1520mに立つ。割引岳はあの奥だろう


ハッシーはゴム長にアイゼン装着、ワシもピン付き長靴にチェンジし12:04発。ここからはやや緩くなる。雪も締まりキックステップで一歩一歩


友人たちのありがたい刈り払いのおかげで道に大きな笹が覆い被さることなく楽に進める。越後三山


12:32これぞ裏巻機牛ガ岳。1670m


先には道はない、自分がつけて登っていく、そういうシーズンの始まりを感じつつ。いや、道はあるけどね


昨日の金城山がずっと下方に


休み休みなんとかついてくるハッシー


目指すはすぐそこ、左のピークだ


凍結もそれ以上にいやらしい融雪もなく、雪道歩きは慣れればこの辺りは夏道より歩きやすいかも。しかしいかんせん長靴って冷たい



13:02〜27山頂直下、長崎ルート分岐1870mで到着を待ちつつ飯を食べる


ちょっとガスってきたかな。風もなく肌寒い。昨日の金城山は暑かったが


さてあとわずかだ


気持ちよいところ


100m足らずの登りで


13:38割引岳登頂


巻機山方面


積雪は20cmほど


14:02到着。途中で2名ほど牛ガ岳方面に人影をみたが、さすがにもう誰もいない。逆に山頂独占だ?


黒い雲がきているので速攻で桜坂へ降りる


登山道は言われたとおり川。いよいよ長靴の本領発揮。追いぬく都会派登山者に羨ましがられる


やや試練だったけどやはりいい山の好ルートでした。6合目以下は普通に夏道。デポ車でリターン(11月4日日曜)

この時期にこれだけ晴れが続くのも珍しい。巻機と飯士、金城山の故郷塩沢三山を連続登頂。たぶん自己史上初の記録