瑞牆山2230m

2018/11/10(ワシ、ハッシー)

せっかくとれた土曜休み、高気圧におおわれどこも晴れそうなのに新潟は雨予報。表日本へ。8:15みずがき山自然公園発


この山域に足を踏み入れるのは初めて。今日明日と百名山巡りでもしておこうかと。小川山林道終点8:41


途中長野までは雨雲だったが、こっちは実によく晴れている。広くて緩い登り道


不動沢からの登路は悪路と書いてあるが全然そんなことなく、沢や岩の光景も美しく楽しみながら行ける


濡れているが泥濘なく靴も濡れない。しかし樹林帯なので全体に暗い


9:23不動滝


9:38沢から離れるようになると急登続き。展望なし


9:48王冠岩


左右あちこち岩峰があるのだが、高い木におおわれてよく見えないのが残念


10:19山頂稜線。富士見平小屋への分岐。やっと展望


一方通行の鎖場あり最後を急登すれば


10:22登頂。大人気だ


ここだけ晴れているようで高い山はガス。南北アルプス


富士山


八ヶ岳も


どんどんと人が登ってくる


金峰山もガス。遠出してきたから明日も百名山とも思ったがやはり人が多いシーンは性に合わないな


10:53下山


急で歩きにくい岩場を速攻で下り降り


斜度が緩み、いったん登りトラバース。こっちのルートが人気あるんだろうが、効率悪く展望なく単調だ


11:38富士見平小屋。一休みし11:56発


分岐から林道へとでて


遊歩道のようなコースをのんびり降りていく


12:34車道にでて5分で駐車場へ帰還。百名山らしくメジャーで登りやすい山でした


改めて日本百名山を読んでみたが、気になる瑞牆とは何かについては著者の推測しか書かれていなかった