藤平山稜線

2019/01/03(ワシ、ハッシー)

昨日から山沿い大雪。湯沢あたりが多いらしいがさすがにここらも増えただろうとヘルベント導入10:14芋鞘420m発


おや、昨日以前のトレースあり。後日確認したらSMOP隊長のものらしい(こんな雪の年ですが期待してます)


それでもほとんど消えかかっており普通に膝ラッセル


ヘルベント169cmでやっと先端が出てくれる。そもそもが雪が重い


たまらず、杉林に逃げ込み少しでもラッセルの浅いところをすすみ負荷を軽減する


杉林などあっという間。あとはひたすらのラッセルを二人で回す以外ない。普段の倍ほど時間はかかってる。11:25トラバース林道


11:41いつもの枝沢630mから登る


実はこの沢のはじめが一番の急登。軽く滝なのだろう。幅も狭くヤブも邪魔をしジグザグも切れない。直登のよい訓練になるところだ


それに加えて吹き溜まりの太腿までくる深雪。今日はラッセル訓練日だな


なんとか稜線ライン720mに乗る。風があたる斜面はいくらかラッセルが軽い


しかしここは単調な稜線ではなく幾度となく大きな段差あり。ハッシーの145cmでは、膝で一旦雪をつぶし2度踏みしないと先に進めない


ワシはヘルベントでわっしわしと進む。それにしても脚力使うわ


ヘルベントでも段差ではこんな。スノーシューどころかノーマル板だったら登高不能だな


直登が効率よいが、新雪でシールの効きが悪くワンステップごとに板を後ろから踏んであげてバックアップする。後続もボーッとしてる場合じゃねーのだ


13:04ようやくと急登を終え870m稜線上へ。最初はどうなるかと思ったけどよく頑張ったな。ボーッと藤平山前衛峰


休まず先へ。ここからは単なるラッセル登り


風はさほど強くない。標高も低いのでそれほど寒くないはずと感じるのは鳥海山帰りだからか


13:33ドロップポイント980m


時間も時間だしこの雪だし、この先行っても展望ゼロの下りラッセルだ。ラッセル訓練やめた


13:47滑降開始。いよいよこれまでの苦労が報われるか


ウルトラパウダー!


激パウっ!!・・??ちょっと違わね?枝が底にあるし重いし


急斜面しか滑りにならんわい


こうして見る分には激パウなんだが


ここでもまたほとんどヤブ滑降


ヘルベントはまあまあ滑ってくれるが、まっさらな新雪なのにこれまで見たことないほど不整地で不快バーン


緩いところはレールに乗らないと進まない。ずっと後傾でした、と


ラッセル車ヘルベント


その跡をボブスレー滑り


激パウっぽく滑るの図


一切の爽快感を感じることなく降りてきた


なんか疲れるな〜


14:30着。登りも下りも越後の重雪を堪能。もういいけどね