上権現堂山998m

2019/01/27(ワシ、ハッシー、どくたーQ)

稜線続きでそれより100m低い下権現堂山と比べ、上権現堂山にこの時期下から登る人は滅多にいない。8:22北魚沼市米沢除雪終点180m発


豪雪ゆえに選んだ里山。ワシはこの辺スキーでは初めてだが権現堂フリークのどくたーは途中までの経験あり。しばらく林道をすすむ


8:50ラッセルが今日も深く厳しい。林道が入り組んでおり地形が複雑化してる。それに捕らわれると遠回りしそう


9:06林道途中から浅い沢を登り良い感じのオープンバーン。標高320mから100mほど滑降できここだけでも楽しそう


林道を進むかどうか迷ったが地形図では繋がっていないため431mの標高点がある稜線を巻きつつ進むことに




稜線は細かな登り下り


9:46その先で林道が現れ、かなりの下りに。たぶん林道を来た方が良かったのだろう(実際林道はピークを巻いて繋がっているという)


林道をまた少し。ラッセルがきついと平坦に近い林道はあんまり進める気がしない。ツボ足じゃ絶対無理だね


時間ばかりがたつようだ。9:57林道途中450mから稜線登りへとりつく


深ラッセルを杉林に潜って緩和させつつ登り、520mの稜線に立つ10:13。ようやく山への往き道が見えてきた


とはいえラッセル続き。先頭はきついが、稜線で風通しよくなり後続は後続で相当寒い


10:42ラッセルを交代して用足しなどしているとたちまち離される。だいぶラッセルも軽めになってきたとみえ、速い


歩いてきた延々の稜線。なかなか見事だ


10:55ヤセた稜線や雪庇もところどころあるが北側を巻いていくのは何ら問題なし。ただ細かな登り下りが連続で、帰りを心配650m


11:02標高もなかなか稼げず山頂も隠れていて、まだまだ遠そうに見える660m その先でまた明らかに一旦下ることになる


登頂は無理かなあなどと考え始めるが、時間はあるし悲壮感もない。淡々と急登へ


11:18風がありえらく寒い。しかしハッシー速いな、というかガンガンと行かないと寒くてしょうがないのか710m


770m南極より寒いしラッセル辛いよ〜と、ビンソン帰りのどくたー11:31


800mから上部で稜線が不明瞭になって広大な急斜面に。ここは帰りが楽しそうだ


11:46ラッセル代わってくれよ〜寒いから


12:00急斜面をこえたらもう一つだ。交代して飴をなめ防寒具などを装着してたらかなり離されてしまった880m


12:05とにかくラッセルしないと寒いんだから。登りも終盤、スピードは増す。疲れるわい940m


12:13いよいよラストのひと登りは権現堂大好きなどくたーにお任せ980m


そしてついに


12:17上権現堂山登頂


ちょうどここだけ晴れてくれた


風もなく素晴らしい。四方に良い斜面が広がる


12:30滑降開始


文句なしのパウダーラン。そこそこ締まってるのでなおスキーが走る


稜線はそんなに広くはないし段差も多いが、この雪質なら楽しいだけ


900mから800mのお楽しみバーンへ








いいですねえ


快適この上ない


いいですねえ(再)


あっという間。稜線滑降に






シールなしで登り返し




ガンガンと稜線どおり降りてくる。消化試合的でもなくよく滑り楽しい


何度か登り返しはあるがシールつけずに


500m下から杉林ツリーラン


今日はどこも雪崩れず快適


13:30林道に降り、いったんシールで431mへ軽く登る


あとはまたパウダーラン


実に楽しい。どう見ても低山なのにこんなオープンバーンが下まであるなんて。それだけ豪雪ということか





林道もよく滑り自動運転。ただし追突多し


13:59帰着。里山ながら大満足の一日でした

長く深いラッセル。到底里山とは思えない風格。全然甘くない。六日町八海山スキー場積雪300cm