暇つぶし的な行動
 2013/11/24
レスキュー訓練
 

連休県外は好天だったが新潟は断続的に雨。先週の雪も低山では消えていた。シーズン前の引き上げ訓練。
公園でやればうまくいくが山の樹木でセットしてやってみるとなかなか思うようにいかない。経験である
 2012/11/11
久々のバイク。たぶん今年ラストツアー
 
新潟→五泉→加茂(冬鳥越)→田上→新潟 約80km
 
8:11新潟市内発。向かい風がひどく、時速10kmちょっとしか出せない。くじけそうになりながら1時間で新津駅。市街にはいると風はおさまり軽くヒルクライムとなる秋葉山周辺9:45
 
五泉市へと抜ける。爽快
 
白山とうっすら雪のつもった守門が前方に
 
左手奥には真っ白な飯豊連峰
 
五泉市郊外よりゆったり登りとなる。10:53金割鉱泉跡
 
たいして急登はなく加茂市に入り
 
峠らしいところを越えると
 
11:00目的地へ。ここが行程の半分だ
 
お昼にする。菊祭りをやっていてスキー場自体は何も遊び場もないところだが意外に客あり。どう見ても現場工事の人と11:30発
 
ちょうど紅葉がすばらしい。直近にある猿毛岳。登山してる車もけっこう停まっていた
 
加茂市内を抜けて
 
復路は追い風にのってペダルが軽い。13:17古田の信号からここまで渋滞の車を横目に10分で到着(とは書いてみても知ってる人しかわからないけど)

全行程80km余、走行時間4時間20分。暑い時期とは全然比較にならず今日は楽勝でした    
 2012/09/01
小阿賀野川サイクリングロード
 
バイクに乗るようになると、今までは全く知らなかったサイクリングロードという新たな通路を見つけたりする
 
土曜日午後の炎天下。ほとんど走っている人はいない
 
それは猛暑のせいか、たんに知られていないからか
 
おかげで思い切りスピード出せる。だけどマックス46km/h
 
宝くじの普及宣伝事業として平成21年12月に整備されたとある。うーん、宣伝になってるかなあ?片道約13km
 
 2012/08/02
夏祭り記念、長岡から新津まで自転車通勤
 
朝5:22長岡出発。大変涼しくて快適
 
6:15三条大橋。出発して22km、気温25℃。まだまだ快適
 
国道を離れ信濃川に沿って交通の少ない路を飛ばす。そろそろ疲れが。というより二日酔い脱水症状
 
7:18小須戸通過。新津の秋葉区役所までちょうど50km、7:35通過。仕事場まであと5kmほど。平均23km/hで全然遅くてまだまだだが、一日の激務の前にいい準備体操だった
2011/8/25
久々三ノ峠、走り登り 
 
雨が降る直前に、ともかく運動不足の解消目的で久々三ノ峠山へ。駐車場から走り登って小屋まで18分。山に行ったり走ったり毎週やっていたからか、結構最後まで楽に走っていられた、と思いきや最後の登りではもう歩く寸前、息も絶え絶えだった。やはりトレランはつらい。小屋前で3分休んで雨が降ってきたが、山頂まで3分、ちゃんと踏んできたから今回のは2011年山行記録として認定。下りはかなりの雨の中、思いっきり走りくだってきた。トレーニングならいいけど、ホントの山で雨はこたえるだろうねえ。週末の山も雨が降ったら即中止だな。山頂発12:09〜駐車場12:25
 2011/08/03
三ノ峠山リタイアのGPSカメラ記録
 
登山口駐車場。半月ほど見てなかったらこんな花畑になっていた
 
GPSカメラでログを記録。KMLファイルとして保存されそのままgoogle earthで表示される。これをカシミールで表示させたい
 
Yahooでルートラボを利用。「ルートを描く」から右上の一番右のアイコンでインポートを選択、さきほどのKMLファイルを読み込んだら「エクスポート」でGPXファイルとして保存。これでカシミールにて表示される。しかし時間データはない。今日は途中で雨が降ってきて雷鳴もするのでくじけてしまった
 
 2011/02/17
メモリアル大原スキー場
 
浅草岳偵察に来た。とりつく島もない積雪量。こっち方面はもうちょっと後で来ることにしよう。もちろん行けないことはなく、かんじき跡あり

そこで合併により6つも市営スキー場をかかえることになった魚沼市からまず切り捨てられることになり来期存続なるかどうかという関越国際大原スキー場へ行ってみることに
 
オンシーズンにまともに滑ったことがない。今生の別れかもしれずしっかりとこの身体でスキー場を体感しておくのだ

スロープはどこも緩斜面ですべて圧雪。ファミリー向けにしてはやや急で狭いか。ともかく守門の眺めが素晴らしい
 
越後三山も素晴らしい

間近の浅草岳もとても大きい
 
木曜日午前8時半から滑ってる一般客はどうもワシ独り。あとはレーサーとスキー授業がやがて始まっただけ。新雪もなくガシガシバーンでは疲れるだけで、10時で終了した。パウダーでもおもしろいとは思わないな。二度とこのスキー場を少なくとも営業中に滑ることはないだろう

ただスキー場はどこであってもおもしろいと思うことはほとんどないんだが。だが自分にとってメモリアルな日に、もしかすると特別なものになるかもしれないリフト券とホルダーを買っておきたかったのだ
 追記:2011年6月浦佐スキー場がついに来期営業中止を決めた
2011/01/27 
新雪の城山へ
 
小千谷にトレッキングで知られる城山という名の山が2つあり、今回小千谷駅の近くにある中部北陸自然歩道にもなっている城山を目指した。旧小千谷スキー場があるのでそのゲレンデからあがって滑ろうと思ったが、ものすごい雪でスキー場に近寄れない。車を停めるスペースやそもそも道路もまともに開いていない。あきらめて山本山やアクシオムなど様々な廃スキー場を物色したが、どこも激積雪でのんきに登れるような状況ではない。しょうがないから休日のはずの小出の薬師スキー場へ。この際どこでもパウダーだろう
  
新兵器ブルーモリスnew normalスーパーファット160cm、155−108−130。1750gだからTLT speedをつけても2kgをわずかに越えるのみ。通常の外人用(?)スーパーファットと重いビンディングの場合の半分以下だろう。スキー場にはたんまりと新雪が。よしよしこれでどんな深雪でも楽勝だ。。新雪に向かって歩を進める・・?いやいやこれはパウダーにあらず。底なし新雪なのにパウダ−じゃないって一体??ヒジョーに重いのだ。新潟ならではの大湿雪。ラッセルするとずしりと重くスキーがあがらない。スーパーファットの板に余計に雪が積もる。こんな雪、青森では想定外だべさ。細い板がえがったよー。しかしラッセルで大汗をかいていくうち徐々に深雪の登り方に慣れてきた。真っ直ぐにスキーを持ち挙げてはならず先行しているスキーに向け幾分内側斜めに抱え込むようにして打つべし。
いや進むことだ。
滑りもまったくダメ。こんなひどい雪質の新雪はたぶん初めてだ。気がおさまらないのでものすごい吹雪だったが石打丸山ナイターに向かう。これまたすごい降り方。一気に積もったらしくゲレンデはどこもほとんどノンピステ。雪が多すぎて底なし。下部緩斜面ではまったく滑らない。ゲレンデトップのまっさらな新雪急斜面をスーパーファットで蹂躙。転んだら起きるのも大変な難度高い滑りずらい深雪バーンには他の客も寄りつかず3時間独占状態。低速での底なし新雪は左右バランスが大変難しくよい訓練になった。この深雪を滑れればきっとどんなパウダーも怖くない。そもそも怖くはないけど

ところで薬師スキー場の地図をあらためてみると、なんとリフトトップから写真をとった山は城山というのだった。
いったい何に惹き寄せられたのか?
2010/07/23
アディゼロ花立峠試走 

ヒマな金曜夜恒例(?)夜間登山。というより今日は届いたばかりのアディダスのトレランシューズ、アディゼロXTの試走だ。モントレイルストリークは軽くて踵のフィット感もすばらしく確かに「自然に足が挙がる」気がするが、岩場など堅いバーンでやたら滑る。調べていてたまたま見つけたのがより派手目のトラ模様アディゼロXT。なんとどんな道でも「絶対に滑らない」のだと。こんなの買ってばかりいると毎日どんな暑かろうが走らざるをえなくなる。薄暗くなってきた18:26登山口をスタート。気温はまだ30℃。木製階段、砂地、木の橋、沢沿い、濡れた岩場、濡れた赤土などここは短いコースのなかに様々な路面が用意されていてモニターにはうってつけ。確かにまったく滑ることなくぐいぐいと登っていける。と言いたいが暑さと昨日の疲れで全然ペースがあがらずヒーハー。
 ストリークと比べるとソールの溝の違いは歴然。ストリークがスタッドレスタイヤ風で溝は細かくしかし柔らか。ロードの走りは快適で、またオムニコートでのテニスでも抜群だった。一回の山行でかなり角がとれ消耗品の範疇。一方アディゼロはゴリゴリの頑丈。だからといってそれほどハードではないから普通の靴下で十分。つま先もしっかりガードされていて多少ぶつかっても何ともない。それでストリークよりも軽い一足290g!もう足が自然に挙がってしかたないはず。でもそれは最初だけ。疲れたらやっぱ挙がってくれません。下山時には林の中とかは真っ暗に近くなってしまい日が確実に短くなっていることを実感しながらも、滑らないから何も考えずにステップを置きがんがんと走り続けて下りてきた。唯一苔むしたような岩場はさすがにスリップしたが、恐るべきグリップ力にこんなシューズが25年前にもあったらあいつも落っこちないで済んだかもなあと思い出してしまった。足首部分はやや浅くストリークよりも不安定感あり、防水は全くないから一瞬で濡れてしまう。上級者向けとのことだが、この高機能で定価10000円ほどとさすがアディダス、割安。ネットで6990円で手に入れた。ゼビオあたりなら半値とかあるかもだから見つけたらゲットして損はない。27cmの同サイズでも長さも幅も若干狭い感じはした
 記録
18:26登山口駐車場210m
18:50見返り清水550m
19:00花立峠680m(23cm高/秒)
19:03花立峠発
19:25駐車場