馬ノ髪山757m(無雪期)
2014/11/06 単独

阿賀町、旧三川村と新発田市との境、俎倉山と連なる静かな秀峰。林道への入り口がわかりにくい。三川ICからの場合、上綱木の日之出橋を渡ってすぐに右折する

3.5km林道を走ると5台停められる駐車場290m。13:24発。午前中はよく晴れていたがだんだんと雲が厚くなってきた
 
駐車場の前にある登山口。川沿いの広い道を200mほど進むと
 
堰堤。山頂まで2時間とある。階段で乗り越す
 
沢沿いの道と徒渉数十回というより沢の中の道。滑りやすい岩と木。赤テープを見落とさない
 
どうやら山頂らしい13:35
 
13:43この標識が出ると沢部分は終了。ロープで尾根にとりつく
 
尾根は一貫して急登。等高線を見てのとおりまったく休みなく山頂直下まで連続
 
左手に新発田市と境する稜線
 
急登続きも空気が冷たく汗もかかず、久々に良いトレーニングだ
 
稜線には杉の大木が目立つが、これは倒れてしまって道をふさいでいる
 
一定登ってくると展望が素晴らしい13:56
 
ロープ場は二カ所。山頂も近い2つめのロープ場14:05
 
14:07急登が終わり730mで一息つける
 
そのまま水平ないし下りもすこしありで山頂へとすすむ
 
14:11登頂。従来の地形図には759mとなっているがそれは藪をこいだ先にあるらしい。ここは757m。正面に蒜場山
 
そして冬の飯豊
 
焼峰山
 
津川方面
 
 
下山。雪さえ十分あれば山頂滑降できそうな一定傾斜を保ったきれいなバレイ
 
日之出橋たもとより。下山後しばらくしたらやはり雨となった
 
 
天候曇り。前半は沢、後半は一気の急登。沢沿いは赤テープ頼りだが、稜線は意外によい道である   
雪いろの山
山頂から北東へ滑降できそうだが、それにはまず最低林道3.5kmを歩かなくてはならないだろう。しかし帰りは雪質さえ良ければ滑って戻れそう。ともかく下越地域に雪がちゃんと降ってくれることが大前提
home