守門大岳1432m
2017/01/02(ワシ、ハッシー)

今日は晴れそうだ。だが街は雨。昨日からの降雪はなし。山の上に期待して、ここ以外に他に行くところなし

7:16二分400m。車は他に二台あり、ワシらが一番に出発。前日のトレースあり、雨のため超重ラッセル
 
どこから登ろうか迷走したが、結局いつもの法面登りOKだった。ただしこのまま降らなければ本日限定かも7:46
 
もちろんその上の稜線は藪歩き
 
8:10ノーマルルートの沢へ
 
だが沢はまったく埋まっておらず、最初は左岸を進み
 
これくらいのスノーブリッジを見つけて右岸に渡り左岸に渡り、最終的に右岸に。本日限定というより片道限定だろう
 
いつもよりも早いところで右岸稜線に上がり、藪を漕ぎ、ちょっと無駄な上り下りして長峰林道8:47 最近このくらいじゃ全然苦ではない
 
ここからはノートレース。山頂はガスガス、展望ダメかな?
 
いい汗をかいた頃保久礼に9:13 天気悪いようだし一気に登って降りてこよう。なので腹ごしらえしていく
 
9:37馬の背
 
馬の背過ぎての急登は登山道どおりでなく、左手キビタキ小屋直下に出た方が斜度も緩いし藪も少なく気分良く登れる
 
10:00キビタキ小屋
 
予想はしていたが、キビタキ小屋からが藪漕ぎ本チャン。斜度も緩いので登るにはたいしたことはない
 
10:24左手から尾根が合流すると灌木密生帯。単純な藪よりストレス。だが雪質がパウダーチックになり嬉しい
 
やがてモンスターに
 
しかし割と普通に不動平へ到着10:47 展望も良くなってきているし風も弱い
 
なので先はこんなだが進む。山頂まではとくに恐い雪庇もないし
 
 
どんどんとガスがとれてきてるようだ
 
 
ガッタガタの台地へと出ると
 
11:12大岳1432m着。昨シーズンは一度も踏めなかった山頂。積雪期登頂は久しぶりで感慨深い
 
どんどん晴れてきた。粟ガ岳や飯豊など展望あり
 
最高の日和になった。いざ山頂滑降へ
 
まるで蔵王だね。新雪は薄いが当然パウダー
 
 
 
 
 
貸し切りゲレンデ
 
 
星雲岳袴岳も見えてきた
 
越後三山方面
 
そしていよいよ不動平からは楽しみな藪滑降
 
今日は手強い部類だが、パウダーだからガンガンいける
 
 
 
キビタキ上の稜線が狭くて一番厳しいか。谷をトラバースするように高度を落とそう
 
キビタキ下は快適バーン。しかしすでに雪が重くなってる
 
 
馬の背
 
保久礼上は超重雪ターン。小屋に人影あり12:16

なんとSMOP隊長だった。しばし歓談。それにしても誰も登ってきませんね〜と言ったら、当たり前ですよ、登ってるのはあなた達くらいだろうと思ってましたと

ちょうど晴れてくれて実に楽しかった12:51

いったん林道ジェットコースター

隊長は林道から登ってきたという。帰りは偵察も兼ね、よせばいいのにワシらと一緒に修羅の道を下る。一部スノーブリッジは落ちていた

そして最悪激藪稜線と法面を無事滑りきって、13:50二分着と同時に雨が降ってきた。メチャクチャなスキーにつきあわせてなんとも申し訳なかったです隊長。またどこかでよろしく