藤平山1144m
2017/01/15(ワシ、ハッシー、どくたーQ)


ドカ雪の合間、奇跡の晴天

まだヤブヤブ、でも期待を裏切らない

何故か晴れた。ドカ雪も3日以上も続けばいつもの冬風景、除雪も完璧。パウダー楽園をめざしいつもの芋鞘8:41発

あれだけ大雪と報じていたはずだが、さほど積もってない感じ。ゼロから一気に積もっただけか。この3日間、14日にmaxとなった守門積雪175cm

池も埋まりきってない。マイナス10度だったが、完全な晴天に歩いてるとあっという間に暖かくなる

9:03林道を離れいつもの杉林へ。完全パウダーラッセルは思ったより軽く、ヘルベントだと足首程度

周囲の山々は黒い雲もかかっている。いつまで続くのかわからないが、ともかくこのあたりだけは最高にいい天気だ

杉林をぬけいつもの稜線からのダイブ斜面。やっぱ全然ヤブじゃねーか

登る尾根もまったくヤブヤブ

9:47稜線への最短ルートと思われるいつもの小沢630mから登る。ヤブが比較的少なそうだったからだが、それでもヤブに悩まされる

ヤブにくわえ狭い激急登。ラッセルも深くなり、沢の段差も解消されていない。尾根にあがろうとすればさらに急登。やはりここの登りは難易度高い
 

しかしかなり登ればヤブもおとなしくなり、普通にシール登高。急登は変わらずきついが

稜線が見えてきた、もう少しだ。もう少しもう少しを繰り返し唱え急登に耐える。だがこの天気のパウダー、嬉しいだけだ

11:04稜線900mに

さすがに風が強く、後でじっとしてると極寒に。今日の天気図は完璧な縦縞、冬型のはず。それには間違いないようだ

稜線を緩い登りですすむ。風で飛ばされるたり硬くなったりしてるためかラッセルはたいして深くはならない

ラッセルが軽いせいもありやたら二人とも早くてヘルベントでは追いつけない。深雪登りでないと足かせでしかない。1027mピーク11:28

いったん下って最後ひと登り。途中で寒さ対応の身繕いしてから

12:01藤平山登頂

おお、まだ守門が見えてる
 

それにしても寒いね。さっさと滑降へ

山頂直下はかなりのヤブ、それをこえてやや開けるが雪質はいまいち

その下はヤブというか密林
 

まだ雪が硬い

1027mピークから下はパウダー。ようやく楽しい滑りに 

そしてメインステージ、西急斜面滑降へ
 
 
ダイブ!ヤブはないわけではないが気にならない
 

パウダー最高
 

急斜面も最高。少雪ゆえフラットでなくトリッキーな地形もまた楽しい

久々のフェイスショット炸裂 
 
 
とにかくここは降雪直後がベスト。木にぶつからなければ安全で楽しい斜面だ
 
 
滑りまくりました
 

下から滑降バーンを振り返る。ヤブだらけ、どこにもバーンは見当たらないから不思議だ

ジェットコースターで13:16着
ドカ雪の合間に何故この地域がこれほど天気良くなったのかよくわからない。午後からは徐々に雪が降ってきた。しかしまだまだヤブ多く、とくに登りは苦労する。だが苦労に見合っただけの滑りができる