棚橋山668m(阿賀町)
2017/02/16


お一人様限定

久々下越の山へ

二王子、焼峰、飯豊

三川と赤谷の境界の山。三川からオープンバーンがやたら目立つ。それをめがけて行く。閉鎖ゴルフ場ゲートから除雪してある13:05発

ゴルフ場跡に出る。奥に養鶏場ができていてゴルフ場は使っていないらしいがコンプライアンス遵守のため

ゴルフ場左手の杉林にある林道へと登路をうつす。なお林道は地形図にない

杉林を過ぎたら送電線

そしてツリーランの丘13:35

それなりの登り、陽が照って暑い

後は五頭連峰

496mピークにいったん登る13:50、その後やや下り

平坦になり正面にやっとターゲット出現。このオープンバーンが棚橋山

右手の奥には馬ノ髪山のこれまたオープンバーン。こっちの方が標高高くなかなか楽しそうなのだが今日は時間がない

両者を並べる

平坦な稜線はまもなく急な登りへと転じる

広い稜線なのでジグザグは自由に切れる。しかし今日は新雪が剥がれやすい。朝から晴れてたようで大湿雪なのでシールはよく効く

かなりの急登に

14:23急登を過ぎて展望良い稜線に

馬ノ髪山方向へも滑っていける

いよいよ山頂へ
 
北斜面は雪質よさそう。実は地形図にない登山道がこちら側、左の見えてる尾根についている。次回はこっちだな
 
山頂稜線を振り返ると意外に大きな蒜場山、そして奥に飯豊
 
14:32なんとか雪庇を踏み抜かず登頂
 
日本海
 
蒜場山と手前に馬ノ髪山。滑れそうなところが目白押し
 
さて今日のバーンは陽当たり最高の南斜面、絶対にデブリ祭りだ。一見まっさらだが
 
数ターンで目の前はこんな
 
まっすぐ滑るにはちょっと急すぎて超重湿雪はコントロールしにくく第一走らない。デブリより早く滑りきれる自信ないので斜めで行こう
 
というわけでたったひとりで一回滑っただけなのに一面この有様。まったく快適さなし、途中から登路の樹林帯にもどる
 
時期を選べばまた面白いかな。ザラメまで雪着いてるだろうか
 
帰路496mピーク北面はびっくりしたことにほぼパウダー
 
せっかくのツリーランバーンもやはり重くて残念。しかし今日は基本偵察。無事でよかった
飯豊の前衛峰のさらに前衛峰的なこの地域。低山だが静かで雰囲気も展望もよく、興味はつきない。雪が毎年積もってくれればいいが
 
夏道