阿寺山1509m(マゴタイ沢)
2017/04/23(ワシ、ハッシー、ドクターQ)

 春山日和になるのはわかっているが、仕事ならサクッとここしかない。たぶん今季ラストの3回目

稜線は雪がすっかりなくなったから今日は沢を登ろう。8:09広堀橋発
 
林道も雪切れ

正面マゴタイ沢から1000m台地を直登する方針

8:40堰堤はギリギリ通過

スノーブリッジも数日内で落ちるだろう。右岸から左岸へと

左岸も高巻いて
 

それでもデブリもなく、たいして支障なく沢を登っていく

ひらけており雪崩も心配なさそう

勾配が増しデブリ跡。標高800m、二俣となったところで

いや、三俣かな

アイゼンに換えて

右岸、いつもの登り稜線へ突き上げるデブリの通り道、ここを直登する
 
9:30
 

帰りはこちら右俣を滑ってこよう。手前の隠れてる左俣は急で雪が切れている

急な登りだが雪がそこそこ緩んでおり体力勝負のみ

約20分の登りで1000m台地。右手の樹のもとにカモシカの死骸。冬眠明け熊にとっては大ご馳走だったらしく食い尽くされていた
 

10:03発、アイゼンのまま今日は行く
 
ひたすらステップを踏むのみで何も考えなくてよい

どこをどう登っても変わりない。そこそこ緩んで埋もれない雪面。一瞬雪がちらつきさほど気温も上がらないまま

素晴らしいザラメ斜面

11:00やがて急登を終え
 
 

11:06登頂。徐々に晴れ間が広がる

本当は阿寺沢をと思ったのだが、ダム付近が立ち入り禁止だったので断念
 

中ノ岳は結局晴れず。しかし雪はべったりと。快適に登り滑りできそう

駒ヶ岳が晴れる。今日は大盛況だったろうか

風もないのにけっこう寒い。滑降開始

ネコブや

大兜、巻機を見ながら尾根よりも左大斜面へと。完全ザラメでよく滑る
 
 

そしてマゴタイ沢へ

急斜面だがザラメは楽しい

溝もあまりなく快適

いいねえ

やがて沢が狭まり明らかに急になって雪が落ちてる雰囲気
 

大きく左へとトラバースしよう
 

すると登りのときにみえた右俣の大斜面にでる

比較的なだらかでデブリもクラックもなく安全
 

すんなり登路と合流
 

最後堰堤越えを嫌って左岸の杉林から降りたが

直前にて雪が途切れ徒渉

林道快走でスピーディに終了
 
今シーズンは毎回独占で、一度もまともなパウダーはなかったけどいろいろ楽しめました。またよろしく
ようやく快適ザラメ期到来。だがぼーっとしてるとあっという間に雪はなくなる。魚沼のスキーも終わりでいいかな。でももう一回はまだ雪多いあの山へ