室堂〜大日岳
2017/05/20-21(ワシ、ハッシー)

 
ザグレートトラバース2

5/20偵察・室堂〜奥大日岳〜雷鳥沢

アルペンルートで変わった点。立山駅7時着でもネット販売とツアー予約でケーブル待ち1時間半。しかし駐車できなくなるから早く行くしかない。バスでスキー料とらないがスキーにカバーしていないと300円払ってビニールカバーを買わせられる。カバーには偶然遭ったみちぐさチームがスキーとボードで二台入れてたがOK。山行中そんな荷物邪魔だからワシはツエルトで包む。相変わらずの人混みに酔いながらも10:07ようやく室堂発

スキー客は少なめテントも少ない雷鳥平2250m。ほとんど誰もいない室堂乗越方面へとむかう10:54
 

先行はスキーヤーひとり。一昨日から体調悪いワシ、暑いし高山病か息がすぐ上がる。低山しか行ってなかったからなあ。11:20室堂乗越2350m

でも久々に雪の剱の展望に感激

奥大日岳は近くに見えて登り下りが実に多い。室堂乗越から最初の2440mピークは結構急。

2440mピークからカガミ谷を覗く。素晴らしい斜面だ。当初はもっと早く上がってここを1本行く予定だったが登り返しがかなりきつそう。時間と体調に自信ない

ともかく奥大日山頂までは行く。いったん下って次の登りは2511m。そこから右へと折れ雪庇が目立つ2611mピーク。亀裂多いがピーク手前からは何とか滑れそう
 

2511m先より2611mピーク。踏み跡はブッシュと雪庇の間を行ってるがギリギリのようだ。この先でスキーヤーはカガミ谷へドロップしていた11:59

剱の展望台

どう登るか、とりあえず近づいてみよう

なんとかギリギリ行けそうか。息切れ中のワシらはツボ足登山者に追い越される

先でブッシュを超えようとツボ足登山者は試みたがムリ。ときに穴にはまりながらそのまま雪庇を登っていった

ブッシュギリギリでサッサと行ってみるか。ツボ足よりはマシだろう

12:30無事通過し2611m しかし奥大日は結構先に。さらに奥に大日岳だが、縦走路の鎖場は雪切れしてる
 

12:47奥大日岳2606m登頂。大日岳への縦走路をじっくり偵察

剱岳。眼下にはいつかは行きたいカスミ谷の大斜面。写真のようにちょこっと滑って登り返せるような感じではなく急。雪が心配なくあるときにカガミ谷へ回れば楽しそう

どうしようかいろいろ考えたが結局登路を戻る。13:14山頂発。当然雪庇は避けてトラバース滑降
 
 
 
けっこう急でグサグサやアイスもあり滑りにくい。ターンする気もおこらず斜滑降で通過
 
2511mピークからはまあまあスキーできる
 
 
 
2440mから
 
雷鳥沢へ14:25着
 
 室堂から簡単にアプローチできるエクストリーム揃いの奥大日岳東面。雄山も剱沢も一通りやったらこっち方面だ。雪庇はともかくバーン出だしの亀裂が目立ち、一週間前ならもっと状態は良かったかもしれないと諦めムード。ともかく体調最悪の今日は偵察だけで勘弁してやろう。しかたなく、温泉と生ビールで残りの時間をつぶすことに決める
 2日目に続く