薬師岳2926m
2017/06/11(ワシ、ハッシ−)


極上ザラメのカール
この土日は長野と新潟とが真逆の予報で直前まではっきりせず、どこにするか迷っていた。薬師岳はこの二日間山開きにあたり、混雑は避けたいから最初は候補にはなかったが、土曜日が荒れて日曜から好天となることがほぼ確定したので日曜の日帰りとし、それならば遅い時間の登頂となりむしろ空いているのではということで土曜日雨の折立へ入る

できれば黒部五郎行ってみようかと、完全に晴れてすごく冷え込んだ朝4:17折立1365m発

5:09いまだ健在1690m

5:39三角点1870m。剱大日展望

ゆっくり休憩し、ここであとから出発してきたスキーヤーに先行してもらう

カリカリ

6:05一旦下ってベンチ1910m ここから樹林帯の登りだが雪渓あり

まだガッチガチ。アイゼンがあってもおかしくない

樹林帯のみで雪渓はひとまず消える
 

6:45急登が終わって五光岩ベンチ直下2150mで雪渓がほぼ連続。ただし登山道も出ている

薬師岳。こちら側には残雪少なめ。しかしなんとか辿って沢へも降りられそう
 

6:54休憩2190m、休憩。太郎山方面。どうもペースがあがらず休んでばかり。2週間ぶりの高山だからか
 
 

7:16 2200mにてスキー装着。しかし風はなく気温もちょうどよい冷え具合というか暑くもなく快適。のんびり登山を決める

ならば狙いは薬師オンリー、薬師峠へトラバースだ。雪面はまだまだガッチガチでちょっとやりにくい7:53

8:04薬師峠手前
 

黒部五郎の斜面も以前よりはるかに雪多く圧巻。やはりあっちに行けば良かったかなとちょっと後悔。でも疲れ気味だからまあいいやと

8:13薬師峠

というか薬師はまだ滑ったことないからこれで良いのだ。薬師峠からの最初の急登、硬い雪面登りに苦労8:29

8:52薬師平2470m、登山道はここから右手をぐるりと回ってピークに向かうのだが、初めての雪上ルートなので偵察もかね正面突破へ
 

案の定かなりの急登、しかもクトーを思い切り叩きつけないと登れないほど。無駄に足の力使っちゃった。9:09そしてわずかにヤブをこぎ

2600m登山道へ。一休みして9:23発

あとは普通にシール登高。ずっと陽が射しているのに寒気がまだ残っているのか、斜面は硬い
 

薬師沢にはべったりと雪が。まったく亀裂などなし、これ滑って登り返すかな

9:41薬師岳山荘2700m

10:06小屋の上部だけやや急登、それを過ぎれば一定の斜度で

10:17ケルンというか避難小屋2890m ここだけ異様に風が強く寒い。がっちり冬山マテリアルに身繕いしつつ休憩

しかしあとは山頂までわずか。雪はほぼ連続しているが崩落寸前の雪庇あり板は担ぐ。ちょうど団体さんが下山開始してきたようだ
 
多くの下山者とすれ違いつつ、山頂へと
 

10:49登頂。けっこう今日は疲れました。しかし山頂には他に誰もおらず

狙い通りにこの大絶景を独占だ。先についたスキーヤーはこちら金作谷カールをドロップしてた
 
いつ来ても素晴らしい展望。北アルプス全山岳のパノラマだ

風もなくのんびり休憩後、いよいよ念願のカール滑降。明治のカールは販売中止になっても、薬師のカールは滑らないと登った意味がない

いざ! 

ただし時間も体力も今日は足りないので中央カールを滑りおり避難小屋へ登り返す。11:22ドロップ

まっさらのバーン。冷え冷えの最高ザラメ。先週もそして昨日も降雪あったのだろう
 
そしてこのシチュエーション

まったく不快感なしのゲレンデ

むーん。。言うべき言葉がない

急斜面のシャリシャリ滑降で

一気にカールのボトム2730mへ。6月とは思えない。ああ素晴らしかった
 

快楽のあとは160mの登り返し。11:44発

たぶん左上方、あの雪庇の合間がゴールだ
 

写真じゃ全然なだらかだがもっと急。グサグサになってくれたから恐怖感はない。ひたすら登り詰め12:07避難小屋

あとは一気に行こうか。疲れたから薬師沢なしね12:18
 

稜線もそんなにでこぼこでないので快適

この雪の豊富さ。勿体ないねえ、明日も明後日もまた休みだったらねえ

12:25薬師岳山荘
 
 
 
 
薬師平から沢を乗り越え登路へとショートカットを狙う12:40
 

ところが途中急下降となる密な樹林帯の雪切れがひどく段差で滑りにならない12:54

激しすぎるツリーラン。だがこれも次回への偵察なのだ 
 
 
たまらずに岩井谷上部2230mへと逃げ降りる13:00

沢はほぼ埋まっており滑降も問題なし。しかし先が怪しくなった2150mで左岸尾根を乗り越え隣の小沢に移り

埋まった沢を渡って100m弱の登りで

13:44登山道2200mへ
 
雪のついている樹林帯も滑っておりて1910mのベンチでシューズに履き替え14:52発、16:06折立着

最後はツリーラン楽しめました 
 今年の残雪量は多いがそれ以上に雪面状態がよく保たれているように思う。エリアにもよるのだろうがこの残雪期、不快な滑降はまだ経験ない(*個人の感想です)