雷鳥沢〜奥大日岳〜大日岳〜称名滝
2017/07/17(ワシ、ハッシー)


予報通り昨日は大荒れで朝から24時間ヒマをつぶしたヒュッテを7:24出発

ガスっているが空は明るく今日は雨降る要因がない。雷鳥沢からみんな室堂へと帰るようだが充電完了のワシらは縦走へと向かう

7:33称名川を渡る。それにしても雪が多くキャンプ場も土がわずかしか出ていない

硬い雪渓登り。登りはまだしも下りにはアイゼンが必要。でも今回持ってきてない

8:00別山尾根に合流

春にスキーで来たばかり。近くに見えて登り下りもあり

2511mピークをこえて8:49

剱はもう一歩

山頂へのトラバース登り

9:20山頂稜線

剱、出てきました

カスミ谷を覗く。やっぱりいいねえ

9:30奥大日岳山頂着。重荷と風邪で不調、スキーのときより全然時間かかった気がする

どんどんと天気が回復してきた。9:42発、大日岳に縦走開始

ヤセ尾根はほんのわずかでトラバースになり

急下降。鎖場10:05

続いてハシゴで一気に高度を落とせば

岩場急登まであっという間。スキーではこの間をはしょってグレートトラバースした

10:25岩場急登は鎖完備
 
10:28登り切れば2450m。大日岳まではあとは小さな登り下り
 
だがここで体調悪いため15分休憩。その後に道をどいてくれない雷鳥。ひたすら仲間を探しているのか10:50
 
11:10七福園
 
11:17中大日岳2500m通過、広場にはけっこう人がいた小屋へと降りていく
 
鞍部に荷物をデポして山頂へ向かおう11:36
 
11:46大日岳2501m着。誰もいない。ちょうど剱もまた顔を出してくれた
 
さてあとは下山のみ
 
スキーならあっという間だが。12:13発
 
最初だけ単調なトラバースと下りだが、12:43に2130mで最初に沢を渡るとそれから何度も横切りながら下る。清涼感あって助かる
 
大日平へ
 
ワタスゲの楽園。13:46〜58大日平小屋でビール補給し
 
14:02木道歩き
 
そして残雪期には苦労した猿ヶ馬場からの急下降14:39

しかし今日は何の苦労もなく15日に開通したばかりの称名滝遊歩道へと立つ15:11。バス停へは1km足らず。雨にもあたらずたいして暑くもなく静かな縦走路だった

7/15滅多にしないからテント泊訓練で必要な装備などをチェック。連休でも夕方に入れば立山駅前に駐車も可能、アルペンルートも空き空き
 
1泊500円、2泊以上1000円。しかし雪のため快適に張れる幕場は半分以下。7/16明らかに下り坂
 
出発してみたものの
 
奥大日に厚い雲が迫る。行ったところで何も得られないから雨具使う前に客が出たばかりの小屋へと退散しよう。やがて雨から午後には暴風雨。正解だった