三ノ峠山469m
2014/12/06 (ワシ、ハッシー)

全国的に異常気象とも言える大寒波で始まった本格冬シーズン。四国の大雪ほどではないだろうが、新潟市内もこの時期は記録的だそう。長岡はようやく昨日から積もりはじめたばかりで決して多いわけではないが、一気に降られてはたまらない。雪量が十分でもこんなのはスキーには絶対に向かない。でも出かけないわけにはいかない

雪はずっと降り止まない。猛烈に寒いがこれが冬だ。むしろ清々しい気分。市営スキー場A駐車場から出発13:13

新雪ラッセルだがむやみに雪が重い。やはり長岡の雪だ

なのですごく汗をかく。樹林帯にはいると積雪は固まってくれラッセル少なめで楽

全然ヤブは隠れていない

しかし冬山気分満喫。吹きだまりは腿ラッセル

展望台から南蛮山14:25

雪は小降りに。長岡冬景色

14:32友遊小屋。誰か来てるかと思ったが、今日はまったくトレースなし

14:43山頂。積雪量60cm。雪があるようにみえてツボ足だと地面に着いてしまう

山頂から友遊小屋へとひと滑走。駐車場で会った人がスノーシューでちょうど登ってきていた

そこから長岡市側へのいつものバーンはヤブよ〜ヤブヤブ

山頂へと登り返しスキー場方向へ縦走。まずはツリーラン少し。ヤブが相当厳しいけど雪質良好

ただし途中から登りになるのでシールつける。このころからまた天候悪化。猛烈な風でツリーボンバー炸裂

汗に濡れてたせいで強風にあたりひどく寒い思いをしたが、スキー場上部へようやくと15:45

快適なスキー場のファーストトラック!と言いたいところだが予想通り下りラッセル。先行トレースを利用して加速つけないとターンなどできない
 

というわけで下りも登りくらいに疲れて終了
 こういう時期のドカ雪はトレーニングと割り切るか、家にいること。こんなでは明日行けそうな山などちょっと思いつかない