飯士山(負欠岩900mまで)
2015/01/02(ワシ、ハッシー)


石打登山口ゲート340m9:40発。のんびりしてたのは登頂でなく、最短で登れるルートがないか探索目的のため

本日は県内どこも悪天予報でこのあたりだけが曇り予報だったからだ。雪がちらつき最初からかなりの新雪ラッセルに不安
 

単調な林道ラッセルに飽きてしまい途中から稜線に登って直進することに

10:33稜線530m

だが稜線歩きは登り下りが多くあまり効率的ではない。雪がやんで飯士山が見えてくる。天候が好転しそうな予感

発見。しかし今日は持ち帰らない
 

おお、素晴らしい。徐々に明るく青空が出てきた11:05
 

いったん稜線から下り降りテニスコート跡地を深いラッセルですすみ、杉林へ。急登だがラッセルが幾分軽い。今日はここのツリーランを楽しむ予定だったが

どんどんと急になりラッセルもつらい。前回はそのまま樹林帯を詰めまくったのだが、カモシカラッセルを利用し11:52右手の尾根にあがる720m

おお、見えてきた。素晴らしいバーンと負欠岩

天気も良くなってきたし一休みして滑り台を滑ってこよう12:10

だが下で見ていたよりもかなり急な尾根登り。目の前稜線の向こう側には絶壁。昨年はあんな岩の下まで板を担いでよじり登ってきたのだ。異常だなワシら

登るほどに斜度が増していく。雪崩れないからまだいいが
 

しかもまた雪が降ってきた。12:46スキーを履いての登高限界、負欠岩と同標高900mにて終了とする。視界があるうちでないと怖い。どのみちこれより上は段差も走り快適なのはここからだ
 
 
 

ダイブ。前回滑ったイイジスライダーよりもスキーヤーズライト隣バーン

すごい。まさに滑り台

雪質、斜度、ロケーションとも言うことなし。何故今までここが開拓されていないのか不思議なくらいだが、登りは確かに難しいし陽あたりもよいので雪が腐りやすい。今日が最適
 
 
 
 
 
 

約200mを滑降。満足。このままさらに下っても帰れるのだが

13:33信じがたいほどさらに天気良くなってきた。別ルートで登り返してみる。登路探索が今回の目的なのだから。夏道のある沢だがやはり下で見るよりも上部はかなり急
 
 
 

右手へと負欠岩が立つ尾根に上がるが、斜度はいよいよ増してくる。14:11岩の直下で亀裂にも阻まれ再ハイクアップを終了
 
 
 
 

通称イイジスライダーへ。前回3月よりも当然かなり滑りやすいが、隣のバーンより雪が重い

下まで滑り降り斜度が落ち着く手前で右の藪に入っていく 
 
 
最初のバーンを横切ったところで撮影。負欠岩がある真ん中と樹林帯のある左右の尾根、いずれもきついようだ。アイゼンならまだしも板をつけての新雪登りは難度高いと思う
 
右手にさらにトラバースし杉林の台地に上がったら林道まで緩い滑降。その後林道歩きは当然ラッセル。途中登り返しも軽くあるが、結局林道が一番の近道のようだ
 
美しいバーンである。身近にこれほどの滑降斜面が他にあるだろうか。後はこの時期いかにして安全に確実に登るかである。今回はアプローチには林道を行くべしとだけ。完全解答はまだない