金倉山570m(小千谷市)
2015/01/12(ワシ、ハッシー)


八海山を降りたらだるくてしょうがない。大雪だし骨休めと思ったが、ときおり陽も見えるので午後から近場へ。貧乏性だな。小栗山240m13:45発

一ヶ月前に来たときよりは1m以上積もってるようだが、まだまだ少なめな感じはする

しかし全山スキー場化

山頂からどこへでも滑れそう。一部雪崩れてはいるが

養鯉の池は完全には埋まっておらず

よく冷えたパウダーラッセル

二匹の動物が遊ぶ。さては昨日のテンか

棚池地帯を過ぎると樹林帯をひたすら登って

林道にでる14:28

山頂への稜線へ

こないだエバ父さんらが雪庇踏み抜いたから気をつけよう

気持ちよさそうなバーンが広がる

ここは滑らざるをえないね

とりあえず小千谷ピーク560mに登頂15:05

本当の山頂へはいったん下って登り返さなければならないが今日はその気なし。守門などは完全に雪雲の中

山頂滑降だ。藪だけど最初だけ
 
go!

右手から一気に降りられるラインがある

急斜面オーバーヘッド。一瞬だが里山を忘れる
 
気持ちよいオープンバーンへ
 

軽く山頂稜線へ登り返して

登路を滑って帰ろう
 

ほとんどツリーラン。オープンバーンを豪快に楽しみたいならもっと林道北側から滑りだすのがよい
 
 
ここはツリーランの断続

晴れた時などは雪質が保たれて、この方が快適ではある

棚池をこえてトレース滑降にて終了。風邪で昨夜は完全にダウンだった体調も戻ったかな