巻機山(井戸ノ壁)
2015/02/15 (ワシ、ハッシー、新井)


この先にもまだ民家がある集落

今回は魚沼以南のドカ雪。いろいろな事情で湯沢方面にしか行けないため最も安全と思われる巻機山へ。
ものすごい雪壁を抜けて9:40清水集落600m発

なんとツボ足下山グループあり。高校生くらいだが、どこに行ってきたかと問うと山頂小屋と。ええっ?!

真偽のほどは定かでないが、ストックも全然利かない底なしの腰ラッセルで行けたかね〜、小屋なんか入れないだろうとワシらは??状態。ともかくしばらくトレースがあってレッドカーペット状態で助かる。桜坂のトイレ埋没

だが桜坂でトレースなくなる。むーん、彼らここが山頂と思ったか?再びラッセル開始し駐車場から三合目へ直登10:14

樹林帯となり林道よりはラッセルが軽くなりスネ程度

11:00井戸ノ壁の急登にあえぐ。かなりの強風だしオープンバーンはとことん避けよう。昨日新井先生の仲間が樹林帯でも雪崩に遭ったらしい。

11:14井戸ノ壁を登り切り緩斜面となる五合目1100m付近。いっそう風が強い。そして下界ではさほど気温が低かったわけでないので休むと汗が冷たく凍ってくる。眼鏡も凍ったので電熱ゴーグル装着

登っていくがどんどんと風が強くなり、どのみちこの先行っても明るい展望なく1200m付近で中止11:27

こんな日に登山じゃないよな、遭難したら記者会見で反論の余地もないよと下山開始11:35

いちおうパウダー

だがたぶんホントの粉雪ではなさそう

ターンのたびにオーバーヘッドでスプレイ!・・ではなく雪塊が飛んでくる。つまりは湿気が多いのだ
 
 

そうとわかれば越後パウダーの滑りで行こう。いつ脚がとられるかわからないからより慎重に

井戸ノ壁は基本藪だが、雪が多いと十分に広いバーンもあり楽しめる

ぼたん雪スプレイ

いつものとおり870m付近にある松の木からヌクビ沢登山道方面へ

こちらの方が斜面をもう一滑りできるのだ
 

ヌクビ沢への登路途中の小屋
 

ぐるりと歩いて回って桜坂。帰路へ。さすがにツボ足トレースは消えてない12:10

電線にピッケルが引っかからないか心配ですらある

無事帰着12:20
たとえ魚沼のドカ雪だろうが、以前に比べ全員の板が太くなって容易に突破できるようになったが、その分よりリスキーな地域に入り込むようになってしまったわけで、ともかく用意周到に行かなければと思う。今回たぶん寒さでGPSが起動できなかったらしくその記録なし(2011年2月6日ルート図とほぼ同様)。下界ではなんら問題なかった電池充電量が足りなかったらしい。こういう小さいミスが命取りだ。なお前評判どおり電熱ゴーグルは眼鏡をしていても実に強力。ついでにJINSのレンズ曇り止め加工は全く効果なく、一方ジェルタイプの曇り止め「アンチフォッグ」はかなり有力。眼鏡やサングラス派にはおすすめ