守門黒姫、駒ノ神直下〜破間川源頭
2015/03/15(ワシ、ハッシー、新井)


朝から間違いなしの好天。しかも昨日の新雪あり。おまけにこちらに入ってるのはどうやら1パーティのみ。スタート時からワクワクするのは久しぶりだ。8:35橋を渡る

先行パーディはどうやら4名。しっかりしたトレースは慣れたコース取りで、トラバースにて下黒姫沢に降りていく。9:06標高560m

相当積雪は多い。いつも沢に出ているデブリが全く見当たらない
 
沢から尾根への登りになるところで先行パーティに追いつく。遠目でそうではないかと思っていたらやはり顔見知りメンバー。嬉しい出逢い
 
これまでのモナカ雪ラッセルのおかげでウオーミングアップと体力温存でき感謝感謝。ではワシらが行きます。ちゃんとした新雪ラッセルだが、下駄っぽくなりきつい

登りに疲れ、いったん台地状に落ち着く870m付近からカモシカ数匹発見10:07
 
下の沢からガンガンと上に登っていってる(写真中央)

ワシらも見習って、もっと頑張ってラッセルせんと。急登を踏ん張る

10:33きつい登りを終え1030m台地にて休憩

ここからが守門黒姫の核心部、大パノラマ。だが写真ではそのスケールが全く伝わらないので伝えない。実際に行ってみてください
 
浅草は本日大盛況。帰りにヒマつぶしに登山口まで行ってみたらまだ18台も駐車していた。推計25台

広大な雪原を横切り登り、あとはひたすら稜線まで直登11:03
 

つらい登り。とくに今日は暑さも加味。渇きを癒やすため新鮮な雪をほおばる11:20

何も目標がないととくにつらさもアップ。かなりの急登だが今日はシールのみで

最後の踏ん張りで11:33

ジグザグ切って
 
後続パーティも最後の登りにさしかかろうというところ

11:39守門黒姫稜線1340mに到着。雪庇の先は駒ノ神1423mだが今日は稜線から北斜面滑降が第一の目的ゆえ、簡単にエントリできるここで終了。というか、もう疲れた

風もなく春の陽気。大展望をしばし楽しむ
 

ちょうど雪庇が消失して平らな稜線になってくれてるエントリポイント
 
 

北面、破間川源頭を覗き込む。この暖かさなのにウワサ通りのふっかふかの雪。厚さも十分

木の芽沢さんブログより
 
 
まったく雪崩れない

レッツゴー
 

次々落ちて

すごい素晴らしいを連発

最高のクルージング

歓喜雀躍
 

もっと降りていきたいところをギリギリ押しとどめて、あのブッシュまでと決める
 

最後のパウダーかな
 

1100mからハイクアップ12:24。けっこう登りやすい尾根だ

袴腰。以前あの大斜面を滑ったのは残雪期。今日も行ければ最高だったであろうが、ずっと新雪ラッセルではちょっとたどり着ける自信がない

なにせ今の登り返しすらやっとやっと。暑いよ〜、腹減ったよ〜。おや、後続パーティも滑降してきた。皆さんやるねえ

30分ほどの登り返しで、12:52ああ、やっと黒姫の稜線に戻ってきた
 

ここからの守門スリーピークスはなんと美しいことか

権現堂山などを眺める面々

帰路へ。こっちの雪は最初から期待はしていない。すでにこの標高でもところによってストップスノー

しかし慣れれば十分楽しい

何といってもこのスケール感

写真じゃ絶対伝わらないから伝えない
 

大湿雪、悪雪の部類になってきたがファットなら全然平気

湿新雪の方がパウダーより全然メリット大きいな、ファットは。その通りです

とくに他人のトレースはよく滑る

後ろ髪を引かれる思いでこの桃源郷を後にする
 

1030m台地から最後の急斜面。超重ストップ湿雪でも、デブリのない見事なシュプールがこのバーンで描けたのはたぶん初めてだ

そこから沢まではまったく滑らなくなり、試練の筋トレ

決して止まってはいないが、滑ってもいない。疲れた。沢はずっと下り基調でそこそこ滑ってくれた
やはり守門黒姫はいつも最高だ。晴れた日は破間川源頭の北斜面を滑らないと絶対に損するが、けっこうハードではある。たぶんまだまだ残っているであろうパウダーがなんとも名残惜しい