高倉山1144m中央ルンゼ滑降
2015/03/21 (ワシ、ハッシー)


狙いは中央ルンゼ。ギリギリかな

ネコブから巻機展望

デブリ滑降

結果的に快晴続きの連休となったが仕事あり、近場で楽しもう。1日目土曜日は先週のおさらいのため高倉山へ。12:45発

大展望の山なのに先週はまったくガスだったからだ。それと課題もあり。堰堤手前から右手の杉林を突っ切って尾根へ取り付く

雪がついていればここが一番登りやすく危険の少ないコースと思われる。先週はここから見えてる沢を滑ったが中央ルンゼは稜線の向こう側

だが今日は暑い。しかし展望があった方がもちろん快適。後方は金城山

先週にくらべ雪はかなり減って870mピークの手前は段差の雪が途切れてた

そのため直登できず東側をぐるりと回ってピークへと。三国川ダム

阿寺山がどーんと

14:16ネコブ山が圧倒的な展望の870mピーク。登りがきついのはここまで。あとは楽勝だ

巻機から三ツ石山、小沢岳、下津川山への稜線。手前に奇峰大兜山、次の目標
 

さて山頂へはわりと緩い。雪もたっぷりだし登りやすい

最初だけすこし急斜面を登ればこんな雰囲気

そして目の前に山頂岩峰が見え隠れ

一週間で落ちるべき雪庇は落ちたようだ
 
 
落ちた雪庇で先週滑った快適バーンはデブリゴロゴロ。でもまだまだ賞味可能

14:55山頂へと取り付く。普通に登れる

シールのみでOK
 

ラクダのこぶにあがり、次は馬の背。落ちてくれるなよと祈りつつ

見た目よりもしっかりとかっちりした雪だった。サクサクっと通過
 

15:00高倉山登頂 
 
快晴。この展望あっての山だね。上越国境

八海山から阿寺山
 
おお、入道岳のバーンまっさら。すごいんじゃね

いよいよの山頂滑降。今日は緊張のバーンだ15:15
 
 

今までローカルな偽ルンゼ滑降ばかりだったが、ここは岩峰に挟まれ正真正銘中央ルンゼだ。下から一目瞭然、エントリ直下最急斜面で亀裂がある。ロープをすぐに取り出せるよう準備し、
 

慎重にターンをして高度を落とす。すると大きな亀裂。まともに行ったら落っこちること必定

スキーヤーズレフトだけかろうじてつながっていた。デブリ混じりのぐさぐさ雪で横滑りもままならない。ジャンプターンで高度を落とす。ただジャンプもふんわりと全層もろとも落ちないよう
 

最大斜度は50度はあっただろう。状況だけなら鑓の中央ルンゼの方がマシだったかな。亀裂だけ気をつければあとはそれでも滑れるデブリ滑降だ
 

ようやく滑れる感じ 
 

快適さはまだないが

ぐさぐさデコボコだもんね

こう見えても小さな亀裂はけっこうあるのでいつでも回避ないしストップできる状態で滑ろう

完全ザラメになると結構良い斜面かも。それまで雪がないか
 

ルンゼを抜けてくるとやはり余裕がでてきて

完全に抜けたら左手のデブリのない尾根をめざそう

ここを滑ってきた15:37

デブリが埋め尽くす中央ルンゼ下部

しかしデブリの先はこんな感じでつるつるの沢
 

カモシカ発見。沢の真ん中から逃げていった

快適そのもの

良く滑る
 
15:46デブリがあり
 

難なく通過
 

最後まで沢は埋まっていた

堰堤から林道へ

杉林をトラバースなどして集落へと帰還
先週と今週のルンゼの他、東面の小阿寺沢、北面の高倉沢など滑降可能であろう。夏よりも全然登りやすい。雪庇に注意して遊びましょう