高坪山571m〜中峰〜釈迦岳
2015/07/02

高坪山は村上市と胎内市の境界に位置する最高峰らしい。これまでまったく知らなかったが、木曜のトレーニングに出かけようと何気なく本で見つけた。信仰の山であり城址でもあって、低山だがしっかり由緒のあるところが興味深い

高坪山のメイン登山口は村上市側らしいが、どっちにしても登り口はわかりにくくGPSなどを駆使して胎内市蔵王集落金峯神社奥の登山口へ。いわゆる第2駐車場標高140mに停めるが、他に車は一台もなし。14:10発。かなり蒸し暑く、足取りは重い

しかし道は比較的良く、朝までの雨の影響も残っていない

5分ほどで東屋

どうやらあれば目指す山か。麓に広がるのはブドウ畑

いったん下ったり登ったりで移動。14:18駐車場からまっすぐ池の方から登る道が右手から合流。下山はこちらへ行った

ちょっと急登をあがると何故か右下にアスファルト道路が出現。ブドウ園内のもので一般車はおろか人も入れない

14:28周回コースの分岐235m。左手の右回りコースを進む

250mをこえるとかなりの急登続きとなる14:32

夏の山でイヤなのは蜘蛛の巣。登山者がほとんどいないらしく、鬱陶しい。このくらい開けてくるとだいぶマシだが

400m稜線にでる

14:48村上市蔵王コースとの合流420m

あと一息だろうが。ブナ林がいい

けっこう急登が最後まで続く。この暑さに耐えなければ夏山はきっと楽しめない、と頑張る

14:58ああやっと着いた。高坪山頂上
 
まだ海からの風が涼しいからマシだ。しかし汗が止まらない。あえてぬるいままで少しだけ持ってきた水を一口飲んで渇きを潤す
 
下山は周回コースへ15:06

15:09すぐに虚空蔵峰への分岐で、こちらは村上市側への周回コースとなっている。右へと進む

ブナ林の中、緩い上り下りの縦走路

15:13中峰562m

胎内スキー場展望。飯豊は雲の中

いったん下ってさらに縦走すると

15:18ピーク感に乏しい大沢峰541m
 
さらに高度を下げつつ縦走し
 
15:21釈迦岳527m。ヤブが高くあまり展望がきかなそうな山頂
 
あとは一気下り。15:28蔵王権現堂跡
 
15:38いったん林道290mへと降り立つ
 
しばらく林道を歩いて下り、途中からまた山道へと導かれ
 
15:45小川へと出る。この時期水量もすくなく、きれいではない
 
側溝に沿ってすすむとブドウ園の端っこへ。本来はこのまま下ればまっすぐ駐車場だが、ブドウ園で分断されそれができない
 
ブドウ園沿いにアスファルト道を進む。登り道なのがしゃくに障るがトレーニングと思って諦めよう
 
アスファルト道は先まで行くと途絶する。なのでそれがブドウ園から離れるところからブドウ園に沿って付けられた登山道へと入りこまなくてならないが、不鮮明でまずわからない。ヤブをあちこち行って偶然みつけた道標
 
右回り左回りコース分岐で登路と合流。下って、途中から池の方へとおりる16:13
 
池からは堤防の法面を下りるらしいが、車道があったのでそのまま歩いて行ったらブドウ園に入り込んだようだ。柵を抜けてでる16:14
 
駐車場へ帰還16:16
道も割と整備されており急登続きでそこそこいいトレーニングにはなる。飯豊朝日の展望も良いらしい。周回コースもいくつかとれるし低いながらも良い山の部類だろう。しかし夏の蒸し暑さというのは、明らかに何よりもパフォーマンスを低下させるなあ。夏山なんかなくてもいいのに・・でも登ってないと体力と気力が維持できないしね。頑張りましょう、今シーズンも