朝日岳2418m
2015/ 07/12(ワシ、ハッシー)

 たぶん梅雨はまだ明けてない、というか梅雨なのかどうかもわからない新潟の天気だが、まるで梅雨明け直後のような好天に先週のスキー納めから一気に夏山モードフルスロットル

バス路線開通はまだ。朝の蓮華温泉駐車場は6割ほど埋まっていて下山時には満車だった。トイレは仮設のみ。6時1460m出発

今日は一日天気が保証されている、というか昨日よりさらに気温があがって猛暑予報。なので雪のある高山に来るしかないだろう。木道は乾いており難なく兵馬ノ平

トレランナーに追い抜かれ、その先急下降で最低部瀬戸川まで。帰りはかなり苦労しそうだ

1160m瀬戸川6:48。陽射しは強く、この時間でもう暑くなってきた。越後の山なんて耐えられない暑さになるだろうな

登りに転じ、トラバース道は陽射しが遮られ涼しく、7:27白高地沢へ。ここまでは順調

遠く朝日岳。標高差は1000mでしかないが距離は長い
 

急登へと。なんだか力が入らないというかすぐに疲れてしまう。ずっと山スキーばかりで登り筋肉が全然トレーニングされていないようだ

展望のきかない急登を抜け出すと一気に天上世界。疲れを忘れさせる

はじめの急登部分から木道階段が最近整備されてしまっていて、これがネック。階段登りは山路登りとは違いよけい筋力を使うのだ
 

8:28花園三角点1754m。ここまで急登。五輪山肩までもうひと登りすればあとはトラバース。何とかなるかと

花園

雪倉
 

最初の雪渓登りはアイゼンなくても平気

いつもの水場には近づけないが、雪解け水が木道わきをふんだんに流れている
 

8:56青ザク

青い砂利道。朝日岳をバック

9:06五輪の森標識1980m。ここから五輪尾根登りを外れてトラバースに

9:12トラバースでこのほんのわずかな雪渓通過が最大難所だった
 

暑さと疲労で一休みし、雪解けの沢水を飲む。透明な味。すごく美味しい。進んでいくと雪渓歩きが多くなる9:43

まだまだ頑張れば滑れるなあ

吹上のコル手前の楽園地帯、その木道は完全に雪の下
 
雪渓の上まで登ってトラバースしていく。急なところはステップが切ってあり慣れてればアイゼン不要
 
 
そしてついに

10:17吹上のコル。栂海新道と合流。ここから山頂までの景色が一番のお気に入りである
 
 
近くに日本海
 
緩やかにおおらかに裾野を広げる稜線はまるで北海道。北アルプスや新潟の山とは明らかに異質
 
次々に現れる花畑
 
ハクサンイチゲ
 
そして名峰展望
 
 
最後の雪渓を登り切ると
 
10:43山頂着
 
 
 
スキーをもってあそこまで行きたい
 
剱は滑るとこないね
 
陽射しは真夏だが、風が心地よく誰もこないし、けっこう疲れたのでいつになく昼寝とする
 
 
11:25下山開始。妙高三山を見ながら
 
シナノキンバイはこの手の花ではしっかり大きめの花。ミヤマキンポウゲは2cm以下。ミヤマキンバイは葉が鋸歯状でなく3分割。ここテストに出るからな
 
完璧に咲くゼンテイカ
 
雪渓をアイゼンなしにがしがし下って、五輪尾根に12:38。登りはつらかった木道も快適に一気に下っていく
 
 
白高地沢でたっぷり休憩。言うまでもなくこれからが今山行の勝負所13:45発
 
時間的に猛烈な暑さに頭もぼーっとしてくるが、最大の核心部瀬戸川からの300m登りへ。それでも日陰には涼しく風が通る
 
ふらふらになって兵馬ノ平へ。一休みしてまた緩い登りで蓮華温泉へと帰還