赤石岳3120m小渋コース往復
2015/08/15-16 (ワシ、ハッシー)

 一昨年三伏峠から荒川岳、昨年聖から光岳、で今年はいよいよ南アルプス南部の盟主赤石岳。だが新潟から一泊二日で行くには最難関の湯折からの最短ルートしかない。ちょうどうまい具合に好天が休日と合致。今後のため徒渉トレーニングも兼ねての山行だ。緊張度マックスのまま入山
 8月15日土曜

他に車が7台ほど、九州四国方面からもあり、なんてメジャーな山なんだろうか。7:13湯折ゲート1070m発

しばらくは普通の林道歩き

やがて見えてくる本日の登路というか小渋川と七釜橋7:37

七釜橋を渡って河原へと導かれる7:42

工事のための歩きにくい人工物、それが途切れると

ゴーロを少し歩いて行き詰まる。いよいよ最初の徒渉点7:57

膝程度だが、いきなりの水流の速さにビビりつつ慎重にいく。その後も同程度の徒渉が連続。続くとさすがに足も冷える

慣れてきて大腿部までならok、トロより急流でも浅そうなところが良いとわかる。
高山ノ滝手前にて右岸のスラブをトラバースできずやや深めの急流徒渉を余儀なくされる。この辺が核心か
 
この先へつり困難
 
左岸の大きな岩を乗り越えて

すると前方に立派な滝。高山ノ滝だ8:38。ここまで徒渉10回ほど、意外と早く着いた

滝からはゴーロ歩きが主。実に歩きにくいし暑い。しばらく歩くと徒渉が恋しくなる

で、徒渉しなければならないところは結構思いっきりガッツリの徒渉9:09。2〜3回ありあとは中州のゴーロ歩き

9:18枯れたキタ沢を通過

すっかり流れも小さくなってきて中州がメインの川

右手に標識あり9:31

標識から右手の福川にちょっと入り左手のヤブを登る。この標識めがけて尾根によじ登ってもよい

すると奥に広河原小屋の標識。まあわかりにくいこと

そして到着1450m9:41、やりました。今コースの核心を突破したことに安堵しつつこの怪しい小屋をのぞいてみると・・

そこは横溝正史的身の毛もよだつ惨状が・・・
でなく干し場。こんなとこ夜中に到着したら腰抜かすわ。静岡からの3名パーティが靴履き替えていた

こっちのメッセージもある意味恐い。だいたい料金箱でかすぎないか。板の向こうには何がある、いや何かいるのだろうか

なかなか興味深い小屋だが泊まる気にはならない。衣服はもう乾いてる。ハッシーは沢靴を履き替え、ワシはそのままで登山道へ10:02発
 
南アルプスらしい苔と針葉樹林と急登がずっと続く。涼しいというより乾燥した空気がとても爽快

唯一のハシゴ場10:30

0.5kmごとに看板あり。下り坂は一切なく、クッションの効く水捌けよさそうな快適登山道
 

だが急登。全然緩むことがない。2000mの看板11:16

途中で一休みしてカロリー補給したのち、なんじゃこれのロープ場を過ぎて舟窪2450m12:13

舟のような窪み地形だ

これまでほとんど展望なしだったがようやくとめざす稜線が。荒川岳方面

そしてあのガレの上が大聖寺平。まだまだあるな。また樹林帯へ入り、急に魚沼の山のような悪路になる

それを抜けると崩れやすいガレ場
 

展望よくなり気分も晴れる

最後に這松漕ぎちょっとあり

登り詰めれば
 

大聖寺平2720m到着12:57。小赤石岳方面

そして荒川三山の大展望。いいねえ。一昨年前に来たことを思い出す

あとはトラバースでのんびりと下り
 

この時期も空いてる荒川小屋で、夏の陽を浴びて靴など乾かしながらビール飲もう。13:24着
    
今回ワシのニューアイテムはハイパーVソールでのハイカットタイプ。今回のような山行に一足で済まそうとするにはベストか。防水でない素材はきつい藪漕ぎには弱いかも
おそらく水量はかなり少なくてとても気温が高い日でもあったので、アブや蚊もおらず徒渉があることでかえって快適な登山ができた。10mロープも用意したが実質的には不要だった。しっかりしたダブルストックがあれば普通の体格をした成人男性ならたいして難所とも感じないだろう。なお巻き道は一切考えられず、雨が降りそうな時には絶対に入渓しない
 8月16日日曜
 
4:06荒川小屋発。はたして御来光に間に合うか

荒川三山

大聖寺平から小赤石への登り。急登をガンガンと進む

そして5:04ぴったり稜線、小赤石岳の肩3030mに出ると同時に光が射す
 
 
なんという幸運、なんという奇跡の瞬間。赤に染まる小赤石岳と、奥の赤石岳
 

しばらく感動に動けなかった、というか朝からダッシュで疲れた・・・5:18赤石岳にむけて出発

5:29小赤石岳3081m
 

さらに軽く下って

登り返すと

5:51到着、一等三角点最高峰赤石岳3120m
 

南方聖岳

直下に避難小屋

荒川三山。右の悪沢岳の方がここより高いのにまったく感じさせない威風堂々の山頂だ

ここから聖岳までも楽しそうな縦走路
 

中央アルプスと御岳、槍穂高まで見える
 
風が少しあるせいか寒いくらい。十分に楽しんだらいよいよ下山
 
今日は下りオンリーだ
 

大聖寺平7:18発

出発してから約20分、舟窪手前までやや悪路を慎重に。その後は軽快な下山道。意味不明のロープ場通過7:47

1300mを1時間20分ほどで下って8:41広河原小屋
 
現場は保存されたままだ

ちょうど身体が温まったころに徒渉が気持ちよい。というより暑いのであえて沢を歩いて下っているところ

9:54高山ノ滝。帰りもとにかくこの高山の周辺が一番面倒くさい。いや高山が悪いわけではない
 
10:02こんな一見気持ちよいナメも下ってみたらゴウゴウとした淵になり徒渉不可。戻って上流を渡る
 
行けそうに見えても危険だよ

登ってきたとおりに帰るのがやはり早道

ここの右岸スラブはフリクションが効いて通過できた。写真で見るより急斜度。もし落ちたらカッパの川流れ
 
ともかくこの盛夏の真っ昼間、じりじり太陽のもとでの下山なのにたっぷりと涼みつつ帰ることができた
山に登る理由の大きなひとつが自然への復帰である。沢登りではとくにその意味が強烈に感じられる。このルートはウエストンが1892年に利用したというが、その頃から大きくは地形的に変わっていないはずで、本格的な沢登りができないワシらも太古の自然を歩く楽しみを十分感じとることができた。新潟からは1泊2日で赤石岳、荒川岳という静かな南ア南部の核心部に触れてくることができ下山も至極スピーディ。是非また暑い時期には来てみたいルートのひとつとなった