船形山(御所山)1500m
2015/10/03-04(ワシ、ハッシー)

10月3日道元峡〜層雲峡〜大沢小屋

秋晴れ予報紅葉真っ盛りの週末。大混雑だろうからメジャーなところへは行く気しない。遠いけど以前から気になっていた場所。ただし東北は天気悪目。気温22℃は寒くないか

御所山荘ちょっと先、11:30夫の小屋跡駐車場標高490m発

11:40丹生川を橋で左岸に渡り連絡道1より

入渓。一般道として紹介されているが、登山以上沢登り未満の沢コースである。最低沢靴は必携

11:44箕輪権現。右岸上部に駐車場からの林道を見る。そこを行けば部分部分で川歩きをショートカットもできる。下山時はこれを利用

濁ったような青白い流れ。鉱物(酸化鉄)泉が出ているらしい。陽があたるおかげもあるが、水は全然冷たく感じない

鎖場連続となる。へつりのためなので深さがさほどでなければ水を歩いた方が楽な場合も多い。酸性が強く魚は棲めないとあったが魚影あり
 
でもこんなところは少なくとも今日は泳ぐ気しない12:06。右岸に現れる柱状節理
 

鎖場はどこもけっこうハードなのだ。しかしこんなところを地元小学生は毎年遠足してるというから驚き

半端でない柱状節理。圧巻

柱状節理をへつる

両岸とも柱状節理。すごいすごい

ホント世の中にはすごいところがまだまだある。アルペンルートので感動してる場合じゃない。いやあれでは感動しなかったか・・
 
 
ステップがなく降りるのに一苦労した鎖場

大震災で一部崩落したらしい

まさに材木岩。むしろこんな景色が前から知ってた層雲峡みたいに見えるが、ここは道元峡であり層雲峡はもっと先

12:26ハイライト終了か

12:30きれいな淵と柱状節理と鎖場の連続。真夏は泳ぎたい
 

12:33左岸の鎖場から
 
徒渉して右岸の鎖場。深さは膝程度で流れも緩くこれまでの経験からなんてことない。でも腰まで浸かることあるらしく沢未経験の人はちょっと不安かも

さらに右岸をへつっていくと
 

たぶん一番の難徒渉点。鎖がいくつも縦横に、その一つは川底にまで張り巡らされているがどれをとっても徒渉に役立たない。滑るような靴ではダメかも12:42
 
このまま進んでも渡れそうにないな
 

12:48右岸に連絡道3の標識。登れば林道へエスケープ。相当登らないとだが

先へと進むとナメになったりして13:00

だいぶおとなしい感じに
 

ただし相変わらず徒渉というより水線歩きの連続。巻き道もあるようなところもあるがヤブなので行かない
 
13:21右岸に滝

気分は良いが、ほとんど河原歩きでははき慣れない沢靴で疲れるし擦れてくる。時間も食う

13:33竜ヶ滝。道元峡の最終アトラクション
 
 
滝上部
 
 
13:43道元峡最終鎖場
 
二股になる

13:49けっこう大きめなクラビ沢が左から入る。本流は右へ。水量は減り澄んでくると層雲峡の始まり

まだまだ飽きさせないアトラクション続き13:56

ナメになったり

鎖のないリアルへつりはちょっと緊張するね

軽い滝登り

そして沢の真ん中にでかい岩がごろごろと。何カ所にも出てくる14:22
 

14:32このあたりがハイライト、層雲峡らしいところなのかな
 

ああ楽しい。それにしても美しい14:38

14:43赤滝。右岸の方が簡単に登れそう
 

そろそろお楽しみゾーンも途切れたか、単調な沢歩きをしばらく
 

15:08突如出現の大沢小屋標高670m。完全に傾いているが今日はここで泊まる。結局この日層雲峡入口でたぶん断念して下ってきたおじさん一人しか遭わなかった
道元峡は一応一般ルートだが登山道はなく川とゴルジュと鎖場連続。上流の層雲峡はゴルジュの少ない沢歩き。沢登りのつもりで入れば鎖は不要もしくは使う方がかえって苦労しそうで対岸を行くところもある。へつり道がしっかり切られ標高も稼がないから楽で、初級者の沢遊びとして十分楽しい。でも大きな滝がないから沢登りの訓練にはならないだろう。一番のハイライト、柱状節理帯は多少の遠出をしてもその価値ありの美景。全体にも見所満載でなかなか歩が進まないのが難だが、こんなすごい景色の所がメジャーとはならないまま存在していることにひたすら驚く
つづく