金城山・滝入コース偵察
2015/11/14 (ワシ、ハッシー)

 
一日中曇りか雨予報。しかし日本海に低気圧あり、冬は疑似好天の気圧配置。こんな日はどのあたりがいつ頃まで天気がもつのか偵察なのだ

上越国境あたりでは雨よりも南からの強風が心配だ

というわけで曇ってはいるが雨雲の気配のない南魚沼で金城山を偵察。五十沢から

右滝入コースへ

沢を渡ると杉林の登山道へ10:22

沢沿いの道。よく刈り払われているが石が大変に滑りやすい。乾いた日に登りたい

壊れたハシゴ。ロープが設置されているのでそれを頼りに滑る岩を登る10:41

すると二合目10:46

ここで滝を横断する

バックにはいつも八海山から中ノ岳

行く手は徐々に斜度を増す。滝が次々と現れる

ナメ滝も11:14

11:19四合目標識が唐突にありすこし下り気味に行くと

沢を渡る。ここからは沢を離れ急登で稜線にとりつく

ときに鎖場11:34

11:37稜線にあがると五合目

坂戸山からの尾根

稜線からはさらに急登

今年1月に滑った谷と八合目ピーク11:49

長い鎖場があり急登を終えると六合目920m11:54

ここから稜線を七合目上1050mまで登れば観音山ルートと合流だ

越後三山展望。このルートの下りに雨降りではたまらない。今のうちに降りよう
降りてから1時間ほどで魚沼地方も完全な雨に