金倉山570m
2015/12/31(ワシ、ハッシー)


例外なくここも冬にはこれまで見たことない景色。雪は少なくても除雪はここまで。標高240m11:31発

養鯉の池はまったく埋まっておらず林道どおり進む

いつもの直登法面は楽々滑れそうだ

小雨もやんでくれたが、なんという暖かさか
 

湿雪にシールはよく効く。林道ショートカットをほぼいつものコースでせっせと登る

だいぶ上まで来たがまだ側溝が埋まっていない

最後頂上直下の大斜面。オープンバーンだ
 

重い新雪だが、今シーズンはパウダーといっても許されるだろう

ワシワシ登る

晴れてきてすごく気持ちよい

しかし藪に突入。わずかの間だが、ツルがからまり進みにくい藪
 

展望の良い夏道に抜ける12:49
 

山頂にこんな藪が出てるのをみたのは初めてだ

12:54金倉山小千谷ピーク560mに登頂

あちらは本当のピーク。藪だらけで行かない

越後三山と巻機展望
 

さて滑降開始。あまりの激藪。登りに見えてたオープンバーンには取り付けない

夏道を滑降する。重い雪
 

そして軽い藪ゾーン

法面
 

藪法面
 
落下
 
 
オープンバーン(?)など遊んで

林道ジェットコースターで帰還。今シーズンあと何回ここを滑れるのか?
 
2015年は1月1日に三本ブナ山で始まり金倉山で終了。いずれも地元の里山。年間通じて山行はトリッキーなコースが多かった。たいした達成感も残ってないが不満足でもない。異色の年だった感がある。また来年は何か頑張れるかな