黒姫山・戸隠大橋〜1998P
2016/1/17 (ワシ、ハッシー)


超メジャー山貸し切り

完全パウダー滑降

笹は藪じゃない、ゲレンデだ
朝から明らかに好天なのである。うっすら新雪もあり、どこのスキー場でもすごく楽しめるだろう。しかし山にはたいして降ってない。こんな日にあえてこんなところへと山スキーしに行くという決定は勇気を持った大英断なのだった。杉ノ原スキー場で積雪60cm、黒姫スキー場の休止リフト斜面には雪すらついていないのだから。しかしこちらのルートは途中までかなり広い登山道があり、上部は笹原。笹ならシールも効くし(?相対論)滑れる。いや決して笹を滑るわけではないが、今は1月半ば。12月の降り始めとは違い、同じ積雪量でも藪は落ち着き理論的には滑れる。本当は全然理論じゃなく直感を信じて積雪10cmの戸隠大橋を出発する

積雪期の休日、こんないい天気の大人気スポットに9時前なのに今日はなんと一台のみ

たくさんのシュプールあり。林道途中まで伐採工事していて除雪してある。9:00ゲート1140m出発

登れるか滑れるかとか関係なく、日が明るくて暖かくて大変気持ちよい

9:43林道を離れ登山道を行く。藪と言うほどの藪ではなく笹。全然苦にならず

先行者のラッセルもあり

さらに広い登山道が何回か横切る。多くのトレースがそこを上り下りしているようだ。ワシらは笹の中をショートカット

10:26新道分岐点1485m。ここから先の新道にはシュプールなく、すべて大ダルミへと向かっている

一旦台地になりまた登ったところで先行者に追いつきお礼をいう。つぼ足だった。滑りが難しそうでスキーは途中に置いてきたとのこと

11:06しなの木

11:09山頂稜線のオープンバーンがちらり。あそこだけが本日のメインかなと思っていたがそれは大間違いだった

11:25巻機を思わせるかなり狭小で深い笹藪道が1カ所あったがすぐに通過、じんわりと高度を稼ぎ展望よくなって

さらに稜線めがけて登る登る

また今日も一切休みなく、つらくなってきたなあ。いつしか太陽も隠れた11:35

高妻山。さすがの威厳

11:56急登からオープンバーン的笹斜面をトラバース登りして稜線へ

七ッ池シュートも行けそう。しかし登り返しは藪

12:08しらたま平1960mは岩が出てる

藪を抜け眺望が一段と良くなってきた

風はほとんどなく雪庇も氷結もない。1998mピークまでは頑張るか
 

1998mピークは展望悪そうだったのでそのちょっと手前の広くなった稜線で終了12:15

ここでの積雪80cm、雨飾や焼にはたっぷり雪がありそうだが・・。北アルプス槍までよく見えていた

12:38滑降開始。完全パウダーだ
 
今までの魚沼パウダーとは質がまったく違う、さらっさらのスベッスベ

どこでもスピード出して自在に行ける。たいして深い雪でもないようだが底には当たらない
 
ボブスレーゾーンも楽しいだけ

下からオープンに見えてたバーンもこんな程度、あっという間

しかしぴょんぴょん跳ねて楽しい

ここからは登り道バーンへと

とりあえず滑れそうなところへと突っ込む。ぶつかっても痛くない笹だ

そのために金倉山で可倒式ポール特訓してきたではないか

魚沼の山と違いまったく気兼ねなく滑れて楽しい
 

気持ちい〜
 
登山道も広くて快適
 
唯一の狭小藪ゾーンも楽勝に通過

天然ウエーブとなり

パウダーを跳ねる
 
一定斜度が続く

こんな滑りやすい登山道ないね

パウダー維持でスピードも出せる

しかも今日はスノーシューとかで荒らされてないので実に快適なのだった

13:21新道分岐まで新雪パウダーをたっぷり滑った。けっこう登ったんだな

そこから下は大ダルミから続いてきているさらに広い登山道。スキー場の初級者コースとおんなじ

あっという間に登山口へ

そしていつものジェットコースター。今季一番の滑降を楽しめた
なにはともあれ行ってはみるものである。シュプールが多く残っていたがほとんどは大ダルミまで行って滑ってるのだろうか。下山途中に男女スキーヤーが登ってきていただけで、たぶん二度とあるかないかの貸し切り状態の素晴らしい山スキー行だった