八海山新開道1220mまで
2016/01/31(ワシ、ハッシー、新井)

以前から行ってみたかった八海山新開道。たぶん疑似好天となり、午後からこの地域は晴れるはず。ただし午後からっていうのが微妙。守門浅草くらいで滑るには時間を読めるのだが、ここはロングで陽当たりよいコースの往復しかなさそうだ。登頂に時間がかかりすぎて滑る段で折角のパウダーが傷んではしょうがない。もとより仕事の都合で早立ち遠出できずそう高いモチベーションも持てないまま、今日は偵察とし途中ピークを目標に設定

長岡は雨、それから雪に変わりよく降る。きちんと除雪されており、屏風道方向分岐にて道路わきに駐車可能だが奥に停めた。8:46発390m
 
長岡より積雪は少ない。硬いが崩れる層に新雪が乗り、ラッセルしにくい。藪も目立ち夏道どおりに進むのが楽だろうがせっかく初めての積雪期
 
 
 
怪スポット亜鉛鉱山後を突っ切って普段は歩けない新開道の末端尾根から取り付いてみる。やっぱり激藪急登490m9:15
 
520m最初の小さな藪ピークをこえる
 
細めの藪稜線
 
9:35広くなり
 
 
 
植林帯杉林を抜けると
 
9:46ちょっとしたオープンバーン610mに。より楽に登るには、林道登山道どおりにきてこの斜面に出てくるのがよいと思われる
 
ただしその先の斜面700mまでがもっとも急で、重い新雪に藪もからみ時間と体力をうばわれる
 
10:10登り切ったらいい感じの斜面に690m
 
パウダーラッセルになってきた。雪質が良いのはうれしいが、弱層があり雪崩れやすいしシールの効きも悪くなる
 
等高線が緩み、尾根通しでなく右手下から進んだ方が登り返しがない770m付近10:28
 
10:30次の登りへと。藪はだいぶ隠れたがけっこう急
 
 
 
850mやせ尾根へとでる10:45。藪がうざったい
 
藪をぬけて10:53展望台882mピーク
 
スキー場がよく見える
 
まだまだ先は長いし藪の急登が・・10分ほど休んでいく
 
行動再開早々、またもや藪の段差と格闘11:20
 
 
苦労してそれを越えればツリーランが楽しめそうないい斜面990m11:37
 
だいぶ斜度も緩み一定となれば、あとはガンガンとラッセルをいく進撃の巨人新井先生。この先1100mで登山道尾根と合流11:58
 
 
ガスってきた
 
12:12完全ガスの中1220mに。広い台地
 
先は見えない。もう少しすれば晴れると思うが、3時間半の行動でしかないけど結構体力消耗

時間も時間だし、ここで下山するかとシールを外し準備していたらぐんぐんとガスが晴れてきた。すぐ先がカッパン倉。カッパの頭に見えるのか

突如として冷たかった風が完全にやみ、待ってましたの疑似好天。典型的な気圧配置だ。大日岳まではまだかなりの距離。八ッ峰圧巻

阿寺山も大きく隣にみえる。蛇喰沢の上は雪崩れてるようだ
 

12:53パウダー滑降開始

基本的には快適。しかしウエーブが多い。雪が少なめのためであろう。慣れるとパーク的でさらに楽しい
 

阿寺山に似ているが、斜度はやや落ちるし斜面が狭い感じ。段差も多くちょっと難度が高いか

13:15しかし楽しく降りてきてあっという間に882m

ヤセ尾根の藪をくぐりぬければ、これでも快適なツリーラン

やや重い新雪になってきたが雪崩れることもなくツリーの合間を縫うのが楽しい
 

植林帯のオープンバーンを過ぎたら

登山道のある沢へと降りよう
 

13:44そのまま沢を下って

すぐに林道に出る

13:48屏風道登山口へ

阿寺山にくらべはるかに手強い。でもスキーも結構いけるところだ。そもそも八海山に直に近づけるのがいい。また来よう
 
 
この尾根通しのルートは滑るには結構楽しいが、登りは急登がちょくちょく出てきてペースに乗り切れない感じで疲れる。とくに882m直下ではやせ尾根に段差がありちょっと難所。1100mまでは夏道を行った方が良いかもしれず、次回はそうしてみよう。いずれにせよ雪が多い方が楽に違いないが、2月1日八海山スキー場積雪量はまだ150cm。繰り返す全国的大寒波にかかわらず、南魚沼湯沢地域ではわずかしか雪が増えず藪が完全に埋まることはこのままないようにも思える