三本ブナ山606m
2016/02/07(ワシ、ハッシー)


本日第二弾!里山エクストリーム

厳冬期と言えるのも今日が最後という気がする。このパウダー、悔いなきよう滑ろうと午後から定番の遊び場へ。320m14:05発

杜々の森の森というか杉林を直登。新雪も降雪も少なめで硬い
 

それでもオープンバーンには吹き溜まりでパウダーチック。十分楽しめそう
 

時折晴れたりちらちら降ったりで、今日一日気温が低めなのが良かったようだ。480mの前衛峰から14:38

途中からつぼ足トレースあり、しかも大勢。冬こんなとこ登ってる人いるんだな。林道から入ったんだな。目立つブナの木を乗り越えて

山頂稜線の急登を踏ん張れば

本物の山頂より高くて展望のよい606mピークへ14:20着
 

鋸山など山古志の山々を一望

西側急斜面を覗いてみると今日は行けそう。いつもはこれより雪が多いためかたいがい全層で雪は落ちてしまってる
 
 
 

ほとんどのところは穴があいていて滑降ラインは限られてる。全然雪崩れそうにない粘着雪なのでドロップ

もっとも急なバーンは50度はありそう

雪崩れるのはスラフのみ。やや重めかもだが、ロールケーキにもならない絶妙の新雪

下にはデブリ
 
 
全然転んでませんよ
 

でも柔らかいのでかまわず滑っちゃう

デブリウエーブが超楽しい
 

春のようだが、軽めで良く滑る雪。気温が低くやはり厳冬期は里山でも違う。夕日に新雪が煌めき、アルペン的ではないが美しすぎる風景

標高差100m、あーあ、またこんなとこ滑っちゃった。ちょうどノドのようになってる。あそこ以外は途中で雪が切れていて滑降は難しい

ここからは林道を経由

シールで少し登って下りに転じる

途中から右の杉林を突っ切って

ブナ林バーンから
 

名水公園へと狙いを定め

滑降

楽しく滑り終えました
 まっさらな雪のシーズンは里山で十分と思う。もう少しだけ新雪が多ければ急斜面も完璧に楽しめたかな