北股岳2025m・おういんの尾根
2016/08/27-28(ワシ、ハッシー)


大日岳滝雲

延々のおういんの尾根
8/27曇り 加治川治水ダム〜湯の平温泉

前線通過で明日は飯豊が晴れる。こちら側からの飯豊連峰盟主への長大な尾根、まだ日帰りの自信はないので温泉付きの山荘に一泊していくことに

徒歩以外は通行禁止。ちょうど工事終わりの車がたくさん帰ってきた。15:20ダムゲート320mからバイクで8.2km林道走り発

慣れてればそんなでないが、基本登りで急坂も多くダートなので通行禁止にしておかないとしょうもない事故が必ず起こるだろう。けっこう疲れて車林道終点、加治川ダム450m16:08

少し雨もあたってきた。さっさと行こう。ここから湯の平山荘まで3.4kmとあるが昨年巻き道が新設され(これがつらい!)実際は3.6km。加治川ダム16:17発

湯の平までの前半はこんないい感じの道

16:49北股平。道はだんだんと山っぽく

下って大きな橋を渡り

北股登りでまた登り
 
巻き道へ
 
登る登る

川沿いの歩きにくい下り路で

17:27湯の平山荘500m着。1泊1000円で毛布付きは格安。知らなかったけど温泉だけ入るのは無料。あまりお客さん来ないんだよね〜と親切な管理人さん。他に泊まり客1名は釣り
 
8/28晴れ 湯の平山荘〜北股岳〜加治川治水ダム

4:03発。真っ暗。夜中けっこう降ったみたいだが上がっている。激急登から開始。濡れていて滑りやすい

梯子や鎖場数カ所あり、急登をおえ稜線にでたようだ4:48。稜線をちょっと進んで鳥居峰884m5:06通過

しばらく稜線の登り下り。かなり急で、初期の段階なのにどんどんと体力を奪われる5:16

夜明けか5:17鳥居峰の先870m小ピークより
 
晴れ渡り山頂まで先は長い
 
大日岳方面
 
5:54 1074m手前で稜線右手に曲がり湿地帯を
 
沢状の登りあり
 
6:11滝見場1120m
 
見える滝
 
道はほぼ登りのみとなり刈り払いもよくされている6:38
 
 
しかしまだまだ遠い1360m6:44
 
6:51中峰1390m
 
間違って水場に行く
 
ついでなので水をすこし補給。いざとなればここで汲めることを確認6:54
 
再び中峰にもどりさきほどのアンテナ方面を左手にすぎてひたすら登る。一気に近づいた感じ1600m7:23
 
 
暑さも加わりいよいよきついが、あとは一歩一歩進むのみ
 
7:38あのピークの先で休もう
 
8:05スタミナ不足、グリコーゲン枯渇だな。休んでも疲労回復せず、なかなかスピードが出ない
 
しかし癒やしの景色がひろがる。ここまできてホント良かった
 
 
 
8:07わずかだ、頑張るのだ
 
 
8:24
 
大日岳も目の高さに
 
振り返れば気の遠くなるような延々の尾根
 
8:30ついに登頂。やりました。すごく疲れた
 
 
門内岳
 
 
カイラギ雪渓ずたずた。さすがにOさんも滑ってないだろう
 
 
本山はガス
 
大日岳から滝が流れてる
 
 
ともかく大絶景満喫。誰もおらず、秋の気配
 
9:13下山開始
 
 
北海道のよう
 
下りが長すぎ。とくに滝見台から下は急な登りも数回あり。汗だくとなりやっと鳥居峰の巻きへ11:30
 
 
そして激急下降
 
12:03湯の平着。もはや秋でなく真夏の陽射し。台風の影響か風があるのが幸い。最後の歩きがあるからここで入浴はできない。ラーメンだけ食べる
 
山荘からダムまでがまた暑くて登り返しもあって、脱水症寸前、実につらかった。しかしその後の車道バイクは快適。行きの苦労はあってもここはバイクしかない。以前からロングコースの代表とされていたおういんの尾根は今回初。刈り払いはよくされており整備されている道とは思うが、石は濡れてないのに滑りやすいし、根っこや砂場の嫌らしいトラバースも多く必ずしも良い道とは思われない。走ったりは難しいかもだ。しかし静かでよい。水場も乏しいしもっと涼しい時期に訪れるべきだろう