朝日岳2418m蓮華温泉往復
2016/10/02 (ワシ、ハッシー、Dr.Y、ウッチー、チバちゃん)


恒例登山。夜中には強かった雨足も朝には小雨に。しかしいつまた降り出すかわからない空。濡れ木道対策の軍足作戦で蓮華温泉出発5:43

雨は強まったり弱くなったりで降り止まず。軍足作戦で木道は難なくクリアも、この天気で登山開始から下るというツケをためまくるような行動にテンションあがらず6:14兵馬ノ平

出発から瀬戸川まで300m高度を落とし、さらに登り下り多いトラバースで7:27ようやくと白高地沢。朝食抜きではさすがに腹が減った。ちょっと休もう

急登をがんばって行くと、陽がさしてきたような気がしたと思ったら見る見る青空が広がってきた8:19

8:30花園三角点手前より小蓮華岳。どんどんときれいな青空が広がる

紅葉が見事五倫山

木道階段が延々。日射しはけっこう強く、すでに乾きはじめておりまったく問題ない

五倫高原はいつ来ても雰囲気良い素晴らしい景観だ

8:59青ザク。一気に展望が広がり雪倉岳がどーんと

皆テンションあがる。撮影でなかなか進めない

9:09五倫山の肩を通過

そこからは緩い登りのトラバース。山頂がどんとんと近づき、紅葉も美しく何度かシャッターを切る

むしろ暑くなってきた

しかし水が豊富なのがこのコースのよいところ

トラバースの木道で休憩所あり、10分ほど一休み。しかし誰にも遭わない

10:05あと一歩で栂池新道に出る。山頂まで一直線に道が延びる。ただしガスが出てきたようだ

10:13栂海新道吹上のコル2220m

あと一息。しかし山の上までこんなに晴れてくれるとは。天気予報を昨日チェックできなかったので奇跡のようだ

近くに見えるが、実はもう一段越えないと着かない遠い山頂。しかし一定の登りが続くだけ、ペースを保って最後まで行こう10:29

10:37登頂

普段山登りしていない面々。若干の遅れもあったがあの悪条件に脱落することなく皆5時間ほどで見事に登頂

すっかり周囲はガス。白馬岳がちらり
 
風もなく暖かい。下山開始

噴火する焼山がよく見える

真夏並みに暑くなってきた。ときおり水を補給しつつ

紅葉を楽しみながらスムーズに下山

五輪高原よりはガスに。涼しくていい
 
下山はスムーズなのだが問題はここから

瀬戸川からかなりの急登200mを兵馬ノ平へと登り返す。単なる下山とは言えず、体力もだが精神力が養われる修行である

そしてさらに100mほど緩く木道登りでゴールへ

今年もお疲れ様でした
朝日岳は、いつの時期も文句なしに素晴らしい山である。このルートの蓮華温泉から白高地沢までがカットできたとしたら、ひたすら楽しいだけで大勢の登山者が集まる山となろう。しかしそこがあるから半端でないハードさが加算され、それによって訪れる人も少なく、達成感とともに極楽度が余計にアップするのだ。毎年訪れたいコース、今年も踏破することが叶って本当に嬉しい