湯俣温泉〜野口五郎岳2924m〜烏帽子岳2628m
2016/10/10(ワシ、ハッシー)


200名山

前日七倉から歩いて3時間40分で湯俣温泉へ。テントも含め混雑。10月10日4:34清風荘1420m発。他に登山者の気配なし

夜明けまでけっこう急登を登り詰めやっと湯俣岳2379m6:41 山頂感なし

その先下りになる。登山道を外れて展望できるところが一箇所だけあり、素晴らしい。ともかく竹村新道の前半は展望がきかないためつらい登りなのだな

けっこう下る

そして展望がひらける登りに。その代わりに今日は風が冷たく当たる。冬用の帽子とグローブ必須

7:09

南真砂岳までひたすら登る。気持ちよい稜線歩きではある7:15

2409mピークをこえて7:24

2520m暖かいところで一休み。カロリーをしっかり摂って体温を上げよう7:38

8:03南真砂岳から真砂岳

野口五郎岳

8:17南真砂岳2713m

鷲羽岳から稜線伝いでようやく見えてきた水晶岳
 
真砂岳から野口五郎岳への稜線。少し下り
 
あまり大きな登りはない
 
 
 
真砂岳を巻いて
 
裏銀座通りに合流8:58
 
鷲羽と水晶。いつ来てみてもとくに水晶岳には圧倒される2800m
 
野口五郎岳へは素敵な白い登路
 
風が強く寒いことをのぞけばこれほど快適な登山はない
 
 
9:31清風荘からちょうど5時間で野口五郎岳登頂
 
表銀座の奥には富士山も
 
水晶岳
 
赤牛と薬師岳
 
 
そして白馬まで北アルプス全山展望。それより低い山はすべて雲海下だ
 
ここまで来て疲れていないわけはないが、烏帽子への縦走路はほとんど平坦よりは緩い下り。何とかなる
 
野口五郎小屋で休む単独行者あり、本日出あった第1人間
 
烏帽子岳への縦走路。強風だけが問題。予報では今日は良い方、昨日はひどかったらしい。岩場はあるが滑落するような細いところはない。向こうには立山と後立山連峰。
 
歩いていると風がないところの方がむしろ暑い。ふりかえる野口五郎岳と水晶岳
 
三ツ岳手前に展望コースと花畑コースに別れるが、後者が時間短縮になるし風にもあたらない
 
すでに槍も遠景
 
ゴール地点のダムも見えてきた
 
三ツ岳付近より展望。針ノ木から後立山、白馬方面11:09
 
三ツ岳から一気下り
 
砂場の歩きやすい道
 
 
11:44烏帽子のテン場
 
小屋には数名が休んでいた。12:00飯を食べていざ
 
200名山の烏帽子岳へ
 
前烏帽子をこえて一旦下り、船窪からの縦走路と合流12:27
 
そして最後は鎖場。やたら足場が悪い
 
 
山頂はお一人様限定
 
12:40北アルプスの有名山のくせに、なかなかハードなシチュエーションだ。ロープがついているが岩角で擦り切れそう
 
その山頂から望む
 
 
山頂の反対側はすっぱりと絶壁
 
 
楽しんだ後、ブナ立尾根をちょうど1時間半で下山14:55
 

15:14高瀬ダム。来るときは1時間ちょっと歩いた七倉までタクシーで2200円。4人で乗り合わせればひとりたった550円だ
 
体育の日、東北から関東甲信越にかけて晴れていたのは長野の高山のみ。爽やかで少し肌寒い秋の空、誰もいないアルプス展望路を独占できた。清風荘では様々なワンショットの日本酒やウイスキーが格安。これだけでも行く価値あり(?)