嵩山789m
2016/11/03(ワシ、ハッシー)


冬型天気のため群馬のハイキングコースへ。新潟にいては信じがたいポカポカすぎる日射しのなか道の駅550m出発10:26

33箇所に観音様が安置されている。その第1号がすぐに10:28

急登を200m弱。実質的に今日の登りはここだけ

岩陰に観音様。こんな感じであちこちにある

10:47登り切って広場
 
左折してまずは小天狗というピークに
 
岩場を登れば

10:50展望の小天狗

浅間山
 
振り返ると山頂となる大天狗

さらに先に進むと不動岩があり

鎖を登ると

展望台11:03

戻る
 
乾いた道の稜線歩き
 
あちこちで拝観

中天狗に行く道の途中でわかりにくく右へとおりると、楽しみにしてたアトラクション胎内めぐりへ11:21

ギリギリである。ダイエット失敗してたら途中で引っかかっていた

本日歩いていた登山者は一体何人通れただろうか、というかここまで来なかっただろうな。ちょっとわかりにくいのだ

狭小部を何とか通過できたら鎖下降

奈落へと落とす鎖。胎内というより産道だな

めぐったらまたもとの地点まで登って戻り縦走を続ける。弘法の筆跡は思いの外展望悪い
 
中天狗も展望なし11:38
 
しかし紅葉全盛。色を楽しむ
 
11:43一体一体をあちこちに安置するが面倒になったのかあるいは壊れたりしたときのストックか
 
そんなバチ当たりなこと考えちゃいけない。御城平。真田に敗れ落城のさい亡くなった一族の慰霊だ。なかなか壮観ではある
 
さらに進んで烏帽子岩11:52
 
 
五郎岩11:59
 
五郎岩からの山頂展望
 
 
戻って、山頂への鎖
 
普通の登山者なら鎖を使うまでもない
 
八海山なら鎖なんかつけない斜度だ
 
最後の岩をよじ登って
 
12:21山頂着
 
展望よし
 
あとは下山
 
しかしもう一箇所楽しみな見所あり
 
下山路からはずれて
 
岩場へととりつく
 
写真では相当なところを登っているように見える
 
トラバースして
 
その奥にあり12:46
 
登山路から見るとこんなところ
 
下山12:59 登山時間も距離も短く、たいして運動にもならなかったが楽しめた
近くにあればアスレチック感覚で遊びにいこうかというような典型的な群馬の山。いつも天気悪い文化の日は群馬の山にかぎる