巻機山(1250mまで)
2016/12/11(ワシ、ハッシー)


ドカ雪。癒やしのブナ林へ

ハイライト!井戸ノ壁ボブスレー
シーズン初めの越後のドカ雪。こんなときには登りも下りも絶対に苦労する、と直感的にわかる。よほど高山か急斜面でなければ滑ることもままならないだろう。だが行く。今回完全に山雪型で長岡市街地の積雪はゼロ。今年も少雪かもしれず山にせっかく降ってくれた雪なのだ。本来はもっと雪が少ないことを想定して、登頂は最初から考えず六合目まであがってブナ林を滑って遊ぶプランだったのだが

10:00清水西谷後バス停、林道入口発

昨日奥只見丸山にも偵察行ってきたが、一日で予想以上に降り積もった

今年はラッセルを10分ごとに交代しよう。時間も読めるしね。ファットでもすでにスネから膝ラッセル

10:45キャンプ場への橋通過

11:10桜坂

11:15井戸ノ壁尾根登山口二合目

この時期はとくに三合目まではこれだ

雪が少なければつぼ足で重荷、スキーが履けるほどなら藪くぐりの連続。どっちがいいか

11:40三合目。割と楽だった。雪が積もっていた方が良いとの結論

登山道に沿ってラッセルを続けると

11:56なんと下山パーティあり、スライド。腰ラッセルだ

超ラッキーにも井戸ノ壁へはトレース付き

高速道路

ぐいぐい行ってもいいけど汗かくよ

12:35五合目

稜線沿いにトレース。6.5合目で泊まったというさっきのパーティ、高校生だろうか、こんな時にこんなことするの

まるでワシらの高校時代並みの異常ぶりだ。でもまあこの辺は安全だからね。滑降は楽しそう
 

いつも癒やされるこの林。だが今日は極寒
 

トレースを外れて滑降バーンへとエントリ

この先はまだ藪密生。予定通り1250mでハイクアップ終了13:00

滑らんな〜。新雪が深くて重い。さすが越後の雪

しかし斜度が増せばスピードアップ
 
 

井戸ノ壁へ

ボブスレー大会開始
 
 
 
 
 

新雪のボブスレーはスリリングで楽しいけどかなり足にくる。登山口まで40分ほどだった

米子沢を渡ったあとは車までほとんど下りラッセル30分、15:15ゴール
いよいよ厳冬期。ワシらの技量ではとくに悪天のなかでは里山しか行けない時期に突入した。だが里山には全然雪が足りない。そういうときには絶対に安全な巻機6合目まで行って遊ぶことにする。ルートも明確、樹林帯でそんなに風も強くない。滑りも、もっと雪が積もればだが、かなり楽しいのだ。けど桜坂まで林道がちょっと長い