阿寺山1509m
2016/12/18(ワシ、ハッシー)

いつもは年末年始の疑似晴天を狙って行く山。しかしこんないい天気になる新雪が積もった日には、雪の量はまだまだだろうが大展望を拝みたい

広堀橋380m発8:10、昨日の雨で新雪が重く積もる

蛇喰沢の様相

8:51尾根取り付き530m

この最初の斜面が意外と藪が少なく、わずかな降雪でも楽しくツリーランできるのが魅力だ。登りもスムーズだが重い湿雪ラッセル

750mをこえると狭い稜線になり藪が密に

高倉山

稜線最難所880mの藪段差10:12 やはり手こずる

1004m台地へ。やはりこの藪の有様10:43 第2の急登ラッセルへ

登り切って1100m11:03 次が一番の急登

八海山がボーッと出てくる。昨日オープンしたゴンドラが動く音が聞こえる

11:22急登斜面途中。いつもよりもかなり左側を登ってみたが藪も比較的疎らで段差も少なく登りよかった。

しかし急登のつらさは変わらない。いつしかパウダーチックになってくれて雪面が美しい

1200mをこえた。急登もあと少し11:30

11:38頂上稜線まであとひとつの急登へ1250m

八海山も顔を出す

パウダーラッセル。最後まで急だ

12:10だいぶ傾斜が緩むと

でました

1420mの台地12:15
 
ここから山頂へは雰囲気抜群のプロムナード
 
 
テンも遊んでいる

巻機
 
山頂
 
三ノ池、四ノ池、八海山
 
 
ラスト山頂への登り
 
 
12:41やりました登頂。今回も藪を突破しての登頂でそれなりに苦労はしたから大変嬉しい
 
藪登滑降には最適、LINE小児用スーパーファット145cm
 
ほぼ無風。大展望をしばし。巻機から奥利根上越国境の山々
 
 

丹後山あたり
 
オカメノゾキ
 
駒と八海山
 
山頂パウダー滑降
 
 
 
 
藪バーンへ突入
 
 
 
 
 
だんだん雪が重く
 
 
 
藪なんかまとめて踏みつけちゃって滑るのだ
 
 
 
 
湿雪滑降で足がぱんぱんになるころ
 
下山できました
   
すっかり藪慣れっていうか、昨シーズンは藪スキーしかできなかったせいもありこんな程度降雪があればたいがいOKだろうということでいちおう滑りも楽しみにして行ってみた。今年1月と同じ程度の藪だったが、やはり慣れはおそろしいもので登りも下りも実にスムーズで物理的精神的に何の抵抗もなかった。これこそ温暖化地球を今後生き抜くための進化といえようか。ただ雪は1000m以下は相当重かった。ともかく越後の山の展望台としては最高の場所だ