蒲原山(紙すき牧場〜1400m)
2016/12/25(ワシ、ハッシ−)

次の林道どこに行こうか?とお悩みの林道マニア諸兄におすすめ。クリスマス寒波と予想されたものの新潟にはさっぱり、どころか雨も。せっかく高気圧がおおってくれるのに県内には行く山などない。しかも新潟だけ異常に天気悪い。今回は長野の北方面にまとまって積雪があり、しかも終日晴天予報。長野は気温が低く少しの積雪でもそのまま鮮度が保ってくれるから量ではなく有無、とくに林道はうっすらでもよいのだ。高いところまで林道があってワシらでも登れてしかも誰も行きそうにない山といえば・・・ヒラめいた
 
7:24来馬温泉先林道430mよりシールで出発。昨日からの新雪がうっすら。先は遠そうだ
 
積雪がほとんどないのでジグザグ林道もその通りにいくしかない。その代わり雪崩の心配もない
 
7:51小屋や墓が建っている大平集落。道の駅から直通の登山道もあるようだ
 
田んぼだろうか、林道をショートカットできた。なおワシらの前にあるトレースはいずれも動物のものだ
 
またひたすら林道を進む。風もなく暖かい。しかしパウダー。さすがは長野県
 
大渚山だな
 
8:13標高600m
 
 
 
その後も同じような林道だが、降り注ぐ日射しに新雪の華が舞うなかを気持ちよくラッセル。9:06ようやくと紙すき牧場の一角へ800m
 
素晴らしい。奥には金山、天狗原山かな
 
さらに林道を少し登ると
 
9:29まるでスキー場のような放牧場に出られる。ここを直登しよう
 
 
最高に気分よい
 
新潟は曇ってるようだ。隣の県なのになんて天気だ
 
牧場を一旦ぬけて林道へ。湯原から蒲原山へのいつものルート稜線をのぞむ
 
雨飾山は雲がかかる
 
迂回する林道と分かれ牧場内にルートをとる
 
昨今の積雪事情からは想像できないうっとりするような景色の中、
 
雪面はまるでクリスマスケーキ。さっくりと登っていこう
 
 
 
 
11:10出発から約4時間、いよいよ牧場上端1200mへ。蒲原山への稜線だ
 
 
牧場を振り返る。雨飾山が顔を出した

さて藪滑降マニアのワシらのこと、もちろんこんなダラダラなままで終わるはずはない。ツアールートを登って蒲原山に近づくのだ

とは言え写真で見るよりはるかに手強い藪と急登。とにかくチャレンジだ
 

しかしきつい。阿寺山の比ではない。ともかく樹間が狭くて急

汗もかきサングラスが曇る。汗をふきつつ振り返れば雨飾山はまるで剱岳のよう。もう少し頑張るよ11:45

自分を高める試練と思えば何事も突破できるもの。ついに

1400mの稜線に立つ12:23。藪の向こうに箙岳がそびえる。北アルプスは完全に雲に隠れてる

蒲原山へはこんな状況

少し進んでみるが

猛烈な藪が行く手を阻む。ここで終了12:29。ちなみにほとんどリョウブの木。春には満腹に食べ放題だ

12:50さて楽しみな藪パウダーラン開始

雪がいいからガンガン行くよ

登りのツアールートより北側の斜面の方がはるかにオープンバーンだった
 

ロケーションも雪も斜度も最高の藪斜面だね

超オープンバーンです
 
 

牧場に落ちる寸前が猛烈藪。雪もやや重くなり落っこちるように落ちる(滑る、ではない)

牧場に出た13:08

斜度は緩いが長野パウダーはよく滑ってくれる
 
 
一旦林道ジェットコースターへ
 
ショートカット
 
ツリーラン(ワシらの分類では藪と言わない)
 
再びヨーロッパのスキー場のような牧場へと
 
 
林道ジェット
 
いよいよ楽しみな牧場バーンへ
 
ここは完全にゲレンデ
 
こんないい雪があるのになんで誰もいないんだろ
 
とにかく静かで最高。せっかくの休日、山でガヤガヤされるのはうんざりだもんね。たいした山じゃなくても静けさが第一だ
 
 
静かなのはここからしかアプローチできない今だけか。さすがは長野、これだけ晴れても雪は温存いや冷存され林道ジェットで一気に
 

大人がこういうとこ滑っちゃいけません。14:22駐車地点着
 
悪斜面マニア
寡雪のシーズンには定番にしてもいいコース。ずっとラッセルすればそこそこ体力作りになるし、最後の蒲原山稜線への急斜面もシール登高と忍耐力の良いトレーニングになる。こんな雪不足のときでさえ滑りも楽しい。ただ紙すき牧場はすでに牧場として利用されておらずどう使うか検討中とのこと。今後もクラシックツアーコースとして積雪期には自由に立ち入ることができることをねがう